• HOME
  • ブログ
  • Galaxy Note9
  • 進化の方向性は「Galaxy S9」と一緒。「Galaxy Note9」は「Galaxy Note8」よりちょっと小柄にって話。

進化の方向性は「Galaxy S9」と一緒。「Galaxy Note9」は「Galaxy Note8」よりちょっと小柄にって話。

先日の情報からも、今年の「7月」に正式発表される可能性が高いと予測されている「Galaxy Note9」ですが、そのコードネームがリークしており、まさに今年の最上位機種の立ち位置になるという意味が込められているのか、かなりはっきりとしたコードネームがつけられています。詳細は「まさに王者。「Galaxy Note9」のコードネームが最上位機種であることを証明しているって話。」をご参照下さい。

一方で、「Galaxy Note9」の発売時期が例年より早くなる可能性が高いことを裏付けているのか、先日には中国の認証機関の認証を通過していることが判明しており、発売への準備が着々と進められていることが判明しています。詳細は「いよいよ発売への準備。「Galaxy Note9」が中国での認証を通過したって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy Note9」は「Galaxy Note8」と比較して僅かに小型化する可能性があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



進化の方向性は一緒。

 

さて今回の情報によると、「6.3インチ」と現行の「Galaxy Note8」と同じインフィニティディスプレイを搭載するとした上で、横幅全くが変わらない一方で、「縦幅」に関しては「2mm」程度短くなる可能性があると報告しています。つまり「Galaxy S9」と同様に、「ベゼル」がよりスリム化されていると考えることができます。

ただ、いってしまえば「ベゼル」がスリム化される以外の大きなデザイン変更はあまり期待ができないと考えることができます。さらに今回の情報では「Galaxy Note9」は「4000mAh」の大型バッテリーを搭載するとしていますが、この情報は前回の情報と一致しています。詳細は「爆発しないでね。「Galaxy Note9」は「4000mAh」の大型バッテリーを搭載かもって話。」をご参照下さい。

一方で「Galaxy Note9」でデザイン変更があるとすれば、「背面」だと考えることができます。まず「Galaxy Note8」は平行型のデュアルレンズカメラを搭載している一方で、「Galaxy S9+」は「垂直型」のデュアルレンズカメラを搭載しています。このことからも「Galaxy Note9」では垂直型に変更される可能性があると考えることができます。

また、「ディスプレイ統合型指紋センサー」の搭載によって、背面の「指紋認証」がなくなる可能性があります。ただ「ディスプレイ統合型指紋センサー」は搭載されるとの予測もある一方で、搭載されないとの情報もありかなり情報が錯綜しています。詳細は「また新たな特許が。「Galaxy Note9」の「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載するかもって話。」をご参照下さい。

仮に「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載すれば、背面のデザインは地味に変化すると考えることができます。それでも全体的な雰囲気としては「Galaxy Note8」から変化しないと予測することができます。「Galaxy S9」に関しては「Galaxy S8」とデザイン上大きな違いがないことからも、売れない原因の一つとなっていますが、一方で今回の情報が正しければ「Galaxy Note9」も厳しい評価になりかねません。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧