「iPhone SE2」は「6.0インチ」の大型化に?発表は9月にずれこむって話。

先日の情報から、ユーラシア経済連合の認証情報からも、Appleは「5月」に新型「iPhone」を発表する可能性が高く、この新型「iPhone」が「iPhone SE2」である可能性が高いと予測されています。詳細は「フルモデルチェンジではない模様。「iPhone SE2」はイヤホンジャック廃止して5月に登場って話。」をご参照下さい。

さらにこの情報を裏付けるかのように、「iPhone SE2」は大量生産を開始していると予測されている一方で、筺体の材質が「ガラス」に変更されていることからも「ワイヤレス充電」に対応している可能性が高いとされています。詳細は「すでに量産開始。「iPhone SE2」はガラスを採用してもうすぐ発売開始かもって話。」をご参照下さい。

さて今回Macお宝鑑定団Blogによると、「iPhone SE2」の発売時期は、「iPhone X Plus」などと同じく9月にずれこむ可能性が高く、さらに「6.0インチ」のディスプレイを搭載する可能性もあると報告しているので簡単にまとめたいと思います。



9月にずれこむ可能性も。

 

さて今回の情報によると、複数のケースメーカーや保護ガラスのメーカーの話として、噂されている「iPhone SE2」はまだ生産を開始していないことからも、第2四半期に登場する可能性はかなり低く、第3四半期、つまり9月のイベントで正式発表される可能性が高いと報告しています。

また事前情報と大きく異なるのが、「iPhone SE2」の最終的なデザインはまだ確定しておらず、「6.0インチ」のディスプレイを搭載したモデルから、現行と同じサイズを採用したモデルなど、複数のプロトタイプが開発されているとしており、このうちのどのプロトタイプが登場するかは判然としないとしています。

ただ、少なくとも「ディスプレイ」に関しては、「Face ID」を搭載することを示唆しているのか、ノッチスタイルを採用しているとしています。つまり先日の情報通り、「Touch ID」を廃止して、「Face ID」を搭載している可能性が非常に高いと判断することができます。詳細は「情報が一転。「iPhone SE2」は「Face ID」を搭載するけど、デザインに変更はないかもって話。」をご参照下さい。

今回の情報が正しければ、今までの「iPhone SE2」のリーク情報は、複数存在しているプロトタイプの情報が混在していたと考えることができます。例えば、「Face ID」に対応しているけど、「ワイヤレス充電」に対応していない可能性があるなど考えることができます。

先日の情報では、「iPhone SE2」の正式名称は「iPhone SE(2018)」になると予測されており、その登場時期がかなり近いと予測されていたことからも今回の情報は非常に残念な情報になります。詳細は「名称は変わらず。そのデザインは大きく変更に。「iPhone SE2」の正式名称が判明したかもって話。」をご参照下さい。

では先日のユーラシア経済連合の認証情報を通過した新型「iPhone」は何をさしているのこ合わせて非常に気になるところです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. かなり高価格に?「iPhone SE2」は6月のWWDCで発表で7万円…

  2. 「iPhone X」と「iPhone4」が融合したようなデザインへ。「…

  3. 地味に嬉しい。2019年に登場する次期「iPhone」は「Touch …

  4. 新型「iPhone SE2」?「6.1インチ」の新型「iPhone」と…

  5. 悲劇。「iPhone8」と「iPhone X」のシェア率は「5:1」っ…

  6. 短命。「iPhone X」は夏頃に生産中止になるって話。

  7. 真の「X」へ。Appleはすでに折りたたみ式の「iPhone」を開発中…

  8. 早くも。次期「iPhone X Plus」のディスプレイの画像がリーク…

Twitter でフォロー

Xperiaの最新情報はこちらで!

  1. Xperia

  2. Xperia

  3. Xperia

  4. Galaxy

  5. Xperia

Apple関連の情報はこちらで!

  1. iPhone

  2. iPhone

  3. iPhone

  4. iPhone

  5. iPhone