• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • すべては「Xperia XZ premium」を起点に。セキュリティーアップデートを今後3年間保証する機種が判明にって話。

すべては「Xperia XZ premium」を起点に。セキュリティーアップデートを今後3年間保証する機種が判明にって話。

アップデート対象機種に関しては、すでに「Android8.0」の配信を開始していますが、一方で最新OSである「Android8.1」のアップデート情報に関してはほとんどありません。ただ先日の情報からも「Xperia XZ2」を差し置いて、「Xperia XZ1」に「Android8.1」のアップデートが間も無く配信開始する可能性があるとされています。詳細は「どんどん「Xperia XZ2」が置いてきぼりに。「Xperia XZ1」に間も無く「Android8.1」が配信開始かって話。」をご参照下さい。

一方で次期OSである「Android P」が先日Googleより正式発表されたばかりとなっていますが、従来の流れと異なり、今回は「Google Pixel」シリーズ以外にもいくつかのベンダーの機種にはベータプログラムの配信が開始しており、SONYでは「Xperia XZ2」が対象機種となっています。詳細は「一足先に。「Xperia XZ2」は「Android P」にアップデートが可能になったって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、SONYは今後3年間、セキュリティーアップデートの保証を約束した機種が判明したので簡単にまとめたいと思います。



「Xperia XZ premium」以降に。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

With Android Enterprise Recommended more devices than just Pixels will get 3 years of support.
By joining Sony promised 3 years (of security updates) for Sony Xperia XZ1, Sony Xperia XZ1 Compact, Sony Xperia XZ Premium, Sony Xperia XA2 and Sony Xperia XA2 Ultra.

さて今回の投稿によると、セキュリティーアップデートが今後3年間保証されている機種は、全部で5機種となっており、最も古い機種で発表されてから約「1年半」程度の「Xperia XZ premium」となっています。つまり「Xperia XZ premium」以降の世代しか対象にならないと考えたほうが分かりやすいと考えることができます。

先日の情報でも、「Android P」の今後アップデート対象機種の情報がリークしており、「snapdragon835」を搭載しているかいないかで大きな分かれ目になっていることが判明としています。詳細は「「snapdragon835」が運命の別れ道に。「Android P」へのアップデートは「Xperia XZ premium」が最後にって話。」をご参照下さい。

前回の情報、そして今回の情報と合わせて考えても「Xperia XZ premium」が大きな分岐点になっていると考えることができます。OSのメジャーアップデートは約「2年」、セキュリティーアップデートは約3年と、「Google Pixel」シリーズは保証されていますが、一方でそれ以外の機種に関しては、各メーカーの判断によります。

現状において、発売を開始してまだ2年経過していない「Xperia XZ」が急激にその魅力を失いつつあります。SONYはアップデートへの対応も迅速に行いますが、一方で切り捨てるのも他のメーカーよりちょっと早いかもしれませんね。続報に期待しましょう。

おしまい



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧