• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 進化?退化?IFA2018で「Xperia XZ3」含めた3モデルが発表され、イヤホンジャックが復活するって話。

進化?退化?IFA2018で「Xperia XZ3」含めた3モデルが発表され、イヤホンジャックが復活するって話。

日本市場において、ドコモの新製品発表会がようやく「5月16日」に開催されることが正式に発表され、大きな話題となっていますが、発表が予測されている「Galaxy S9」シリーズや「Huawei P20 Pro」、そして「Xperia XZ2」シリーズは、すでに海外で発売を開始しており、特に大きな注目となっているのは「Xperia XZ2 premium」となっています。詳細は「世界初のお披露目に。「Xperia XZ2 premium」は「5月16日」にドコモの新製品発表会が正式に発表って話。」をご参照下さい。

一方で、今年は「Xperia」生誕10周年の記念すべき年であることからも、下期には「Xperia」生誕10周年記念モデルがバケモノスペックを搭載して発表される可能性があると予測されています。詳細は「「Xperia XZ3 Pro」以上のスペックを。Xperia10周年記念モデルは「4000万画素」に新デザイン「Mirai」を採用って話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、IFA2018で発表される次期「Xperia」は「3モデル」構成になり、イヤホンジャックが復活する可能性があると投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



3モデル構成に。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

All 3 will be released at IFA

Jack of all Trade…maybe will return for once….

今回の投稿はESATO上においても、非常にその情報の信憑性があるspektykles氏による投稿です。その上で今回の投稿を確認すると、「IFA2018」で、次期「Xperia」は「3モデル」発表される。さらにイヤホンジャックがまた復活する可能性があるとしています。今回の投稿は、他のユーザーの質問に答えた内容となっており、その質問が以下のようになります。

Guys, what you know about PY7 68553C, PY7-34118S and PY7-70663E ?

FCC上で認証を通過している機種がすでに「3モデル」あることが判明しており、その3モデルのFCC IDが上記の3機種になります。ただFCCの認証情報では、その機種のスペックや特徴を判断することは難しく、詳細は判然としない状況にあります。ただ、その一つとして予測されているのが「Xperia XA2 Plus」になります。詳細は「2018年はハズレの年に?「Xperia XZ3 Pro」は2019年へ。「Xperia XZ3」と「Xperia XA2 Plus」のみが発表へって話。」をご参照下さい。

現時点までの情報を考慮すれば、「ミドルレンジモデル」が一つに、「ハイエンドモデル」が最低でも「1つ」発表される可能性が高く、少なくとも「ハイエンドモデル」に関しては、モデル番号が明らかになっている機種がもう一つ存在していることからも「2機種」発表されてもおかしくはありません。

そう考えると、正式名称はともかく、「Xperia XZ3」シリーズと、「Xperia XA2 Plus」になると考えることができます。一方で今回の情報で気になるのは、「イヤホンジャック」が復活するとされていることです。先日の情報でも、SONYは市場の動向を見極めた上で廃止したとしています。詳細は「批判の対象に?「Xperia XZ2」シリーズで「イヤホンジャック」が廃止された理由に説得力がないって話。」をご参照下さい。

その上で、また復活する可能性があるとなると、よほどユーザーの反応が悪かったと考えることができます。また先日の情報からも、「Xperia XZ3」シリーズは進化したアンビエントフローは採用すると予測されています。詳細は「デザインを刷新へ。「Xperia XZ3 Pro」と「Xperia」生誕10周年記念モデルは進化したアンビエントフローを採用するかもって話。」をご参照下さい。

仮にイヤホンジャックを復活したとしても、ベゼルレスデザインの採用にそこまで大きな弊害がでるとは考えにくいです。ただSONYがイヤホンジャックをどうしたいのか気になりますよね。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧