• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「Xperia生誕10周年記念モデル」も。「Xperia XZ3 Pro」も。今年は「4K OLED」はお預けって話。

「Xperia生誕10周年記念モデル」も。「Xperia XZ3 Pro」も。今年は「4K OLED」はお預けって話。

かなり情報が錯綜していますが、先日のSONYの求人情報からも「有機 ELディスプレイ」の開発を進めていることは間違いなく、今年の後半に登場が予測されている次期主力機種は、世界初の「4K OLEDディスプレイ」を搭載する可能性があると予測されています。詳細は「「Xperia XZ3 Pro」以上のスペックを。Xperia10周年記念モデルは「4000万画素」に新デザイン「Mirai」を採用って話。」をご参照下さい。

またこれら主力機種と予測されている「Xperia XZ3 Pro」や「Xperia」生誕10周年記念モデルは、デザインが大幅に進化したアンビエントフローが採用されると予測されており、その一つとしてフルスクリーンデザインが採用されるとしています。詳細は「デザインでも革新的な存在に。「Xperia XZ3 Pro」はフルスクリーンデザインを採用かもって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の大手SNSであるweiboにおいて、今年登場する次期「Xperia」には「4K OLED」ディスプレイが搭載される可能性がないと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



まさかの採用なしに?

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

索尼移动今年的智能手机没有采用 4K 分辨率 OLED 显示屏的计划。 ​​​​

今回の投稿によると、SONYは今年発表される次期「Xperia」に「4K OLED」ディスプレイを採用する予定はないとしています。ちなみに今回の投稿は、先日の「Xperia XZ2 premium」の正式発表を事前に唯一予測したZackbuks氏によるものであるため、その情報に信憑性はかなりあると考えることができます。

また同氏は、噂されている新機能の数々は、来年初頭に持ち越しになる可能性があると予測しています。詳細は「Xperia生誕10周年記念モデルはぱっとしない。すべての新機能はMWC2019で登場する「Xperia XZ4」以降で採用にって話。」をご参照下さい。ただ今回の情報で判然としないのが、「4K OLED」自体はなくても、「4K LCD」の採用があるのかって話になります。

確かに先日の情報でも「有機ELディスプレイ」の品質が改善されない限り、Xperiaには採用しないとしています。詳細は「「Xperia XZ3 Pro」にも影響が?「有機ELディスプレイ」の品質が改善しない限り「液晶」を継続採用するって話。」をご参照下さい。また先日の情報からも、少なくともアスペクト比「18:9」を採用するためには「snapdragon855」の搭載が不可欠である可能性が高いと判断することができます。詳細は「4Kが足枷に。「Xperia XZ2 premium」がアスペクト比「16:9」を採用した理由が判明したって話。」をご参照下さい

また最悪の可能性としては、「4K」ディスプレイを搭載した「Xperia」が今年発表されないと考えることもできます。少なくとも同じ年に「4K」ディスプレイを搭載した「Xperia」が2機種以上でたことはありません。ただ先日の情報からも「Xperia XZ2 premium」が超地域限定モデルになる可能性があることからも、この可能性が考えたくないのですが。詳細は「日本のみを焦点にした超地域限定モデルに。「Xperia XZ2 premium」はアメリカやヨーロッパで発売されないって話。」をご参照下さい。

確かに「有機ELディスプレイ」を搭載している機種のディスプレイは非常に精彩ですが、「Xperia」には「4K」ディスプレイがあるため、逆に言えば、焦って「有機ELディスプレイ」を搭載しなくても、そこまで差し支えがないと考えることができます。もうここまできたら先日の情報通りに品質を優先してほしいところですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧