• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 横向きでも認証が可能に。「iOS12」で「Face ID」が改善。そして「iPhone X Plus」の大きさが判明したって話。

横向きでも認証が可能に。「iOS12」で「Face ID」が改善。そして「iPhone X Plus」の大きさが判明したって話。

今年登場が予測されている次期「iPhone」はすべてで4種類あると予測されており、直近の情報においては、早ければ今月中に「Face ID」を搭載したフルモデルチェンジとなる「iPhone SE2」が正式に発表される可能性があると予測されています。詳細は「情報が一転。「iPhone SE2」は「Face ID」を搭載するけど、デザインに変更はないかもって話。」をご参照下さい。

一方で、残りの新型「iPhone」は、エントリーモデルの立ち位置となる「6.1インチ」のディスプレイを搭載した「iPhone」、そして「iPhone X」の後継機種、そして「6.5インチ」の大型ディスプレイを搭載した「iPhone X Plus」が登場すると予測されています。詳細は「早くも。次期「iPhone X Plus」のディスプレイの画像がリークしたって話。」をご参照下さい。

さて今回9To5Macによると、次期「iOS12」では、その評判が大きく分かれている「Face ID」が改善されることと、次期「iPhone X Plus」の本体サイズに関して新たな情報を報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

 

横向きでも認証可能に?

 

さて今回の情報によると、まず「iOS12」にアップデートすることで、水平方向による「Face ID」の認証に対応すると報告しています。現行の「Face ID」は縦向きの状態で、基本注視することによって認証するようになっていますが、横向きでの認証に対応することで利便性は地味に向上すると予測することができます。

ただ今回の情報でもふれていないため判然としませんが、根本的な認証精度の改善に繋がるわけではありません。少なくとも「iPhone X」の認証精度は、他の「顔認証」と比較して悪いわけではありません。ただ「Touch ID」の精度がよすぎたのか、不満が多く、「iPhone8」に機種変更するユーザーも一定数いるのは間違いありません。

また今回の情報では、信頼できるサプライヤーからの情報として、「iPhone X Plus」は「iPhone 8 Plus」と同等の本体サイズになるとしながらも、リアカメラのレンズが大きくなることからも、本体の厚みが「0.2mm」程度厚くなるとしていますが、正直誤差の範疇だと考えることができます。

さらに「iPhone X」の後継機種に関しても言及しており、写真の画像品質が向上しているか判然としないとしながらも、現行と同じボディを採用しながらもカメラのセンサーサイズが大きくなり、その結果、カメラレンズが大きくなるとしています。つまり現行機種以上にカメラの出っ張りがひどくなりそうですよね。

先日の情報からも、次期「iPhone」の名称はよりシンプル化されるとしています。詳細は「ユーザーの混乱を招く可能性も。次期「iPhone」の名称はよりシンプルに「iPhone」になるかもって話。」をご参照下さい。この流れであれば、今年の新型「iPhone」のラインナップは「iPhone SE2」・「iPhone」・「iPhone X」・「iPhone X Plus」になると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧