一足先に。「Xperia XZ2」は「Android P」にアップデートが可能になったって話。

「Xperia XZ2 premium」の登場によって、よりその存在が薄くなった「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」ですが、先日の情報からも「Xperia XZ2」の販売実績によって、SONYは今後の販促スケジュールを大きく変更する可能性があると予測されています。詳細は「「Xperia XZ2」の販売不振が「X」シリーズを終焉へ。「Xperia XZ4」で「X」シリーズが完結って話。」をご参照下さい。

一方で今年の後半に登場が予測されている「Xperia XZ3」シリーズや「Xperia」生誕10周年記念モデルですが、先日の情報では、これらモデルは2019年に持ち越しになり、今年の後半も「Xperia XZ2」シリーズが継続するとの情報もあります。詳細は「販売不調の「Xperia XZ2」シリーズを継続に?IFA2018で「Xperia XZ3 Pro」が発表されずMWC2019に持ち越しにって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、先日Googleが行なったイベントにおいて、正式発表された「Android P」のβ版が早くも「Xperia XZ2」でアップデート可能であることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



早くもアップデートが可能に。

 

さて先日発表されたばかりの「Android P」ですが、従来だと先に「Google」のデバイスに先行でβ版の配信を開始していましたが、今回からはそれ以外のAndroidベンダーの対象機種も同時に配信が開始されていると報告しています。少なくとも執筆時点で利用可能なのは「Google Pixel」・「Google Pixel XL」・「Google Pixel2」・「Google Pixel2 XL」に加えて以下のようになります。

  • Essential Phone
  •  Nokia 7 plus
  • OnePlus 6
  • Oppo R15 Pro
  • Sony Xperia XZ2
  • Vivo X21UD, Vivo X21
  • Xiaomi Mi Mix 2S.

Androidベンダーとして最大手であるSamsungや、今かなり勢いのある「Huawei」が含まれていないことにはちょっと意外でした。対象機種を持っているユーザーの方は、「Android P」のベータプログラムに登録することによって、まだ簡易的ですが「Android P」を一足体験することが可能になります。

 

まだ詳細を確認しきれていませんが、自動回転がなくなって手動回転になるなど、大きな仕様の変更という印象はあまりありません。ただ「Google assistant」の進化など、より「AI」の進化に注力している印象があります。上記の動画は簡単にまとめてあるので、ぜひチェックしてみて下さい。

今回の情報により、少なくともSONYの機種では「Xperia XZ2」のみが「Android P」を一足先に体験することが可能になっています。今後対象機種は増えていく可能性が大きいですが、少なくとも今だけは大きなアドバンテージですよね。今度の動向に要注目です。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧