その存在を陰に潜めて。「Xperia XZ2 premium」の発表は予測が困難だったって話。

MWC2018で正式発表が予測されていた「Xperia XZ2 premium」は実際には発表されず、まさの「4月16日」という中途半端な時期にインターネットで突如公開される、まさにサイレントアップデートという形になりましたが、先日の情報からも日本を焦点にした地域限定モデルになると予測されています。詳細は「日本のみを焦点にした超地域限定モデルに。「Xperia XZ2 premium」はアメリカやヨーロッパで発売されないって話。」をご参照下さい。

また国内での展開はほぼ確実だと考えられていますが、発売時期に関しては「夏頃」とされているのみです。いまだキャリアが新製品発表会を開催していないため、正直判然としませんが、一部情報では「6月21日」に発売を開始すると予測されています。詳細は「まさかの世界最速の発売が日本に?「Xperia XZ2 premium」の発売日は「6月21日」かもって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「Xperia XZ2 premium」の正式発表を誰も予測することができなかったことに対して新たな投稿がされていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


誰も予測できなかった。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

Tech sites were not invited.
They did not even know XZ2P was going to show up on that day.

今回の投稿によれば、世界中にあるテックサイトの関係者すら招待されることもなく、さらにその正式発表を予測することもできなかったとしています。確かに「Xperia XZ2 premium」はweibo上で有名なリーカーであるZackbuks氏のみとなっています。先日の情報からもSONYもバイルの業績はかなり深刻な状態です。詳細は「売却か継続か。「Xperia XZ4」で「5G」対応はSONYモバイルにとって大きな転換期になるって話。」をご参照下さい。

つまり、言い方が悪いかもしれませんが、無駄玉をうっている場合ではありません。新機種、しかも「ハイエンドモデル」を開発・発表した以上、やはり売上をしっかりとりにいく必要性はあると考えるべきです。ただ先日の情報からも、「Xperia XZ2 premium」は生産状況において問題に直面していると予測されています。詳細は「主力機種になりきれなかった要因は生産状況?「Xperia XZ2 premium」は生産問題に直面してるかもって話。」をご参照下さい。

物事の順番として、生産上の問題から、「地域限定」モデルになったのか、それとも「地域限定」モデルは最初から決定済み事項で、生産問題に直面したのか判然としません。また販売地域も判然としません。少なくとも重要な市場である「イギリス」で発売されず、「台湾」では依然として不明。

また日本市場では展開される可能性が高いです。詳細は「肝心なのは発売日。ドコモは「Xperia XZ2 premium」含めた「Xperia XZ2」シリーズを発表へ。「Xperia XZ2 tablet」は発表されずって話。」をご参照下さい。ただいくら「iPhone」のシェア率が低下しているとはいえ、まだまだ「iPhone」のシェア率は半分程度占めており、少なくとも日本市場を焦点に合わせるのは非常にリスクが高いとされています。

それとも先日の情報通り、在庫はかなり限定することで、限られた地域で、限られた台数で、確実に利益率を確保しようと考えているのでしょうか。詳細は「SONYは販売予測に依存しすぎ?「Xperia XZ2 premium」は超品薄になるかもって話。」をご参照下さい。少なくともキャリアで正式発表されれば、SIMフリーモデルにも何かしらの動きがあると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧