SONYは販売予測に依存しすぎ?「Xperia XZ2 premium」は超品薄になるかもって話。

ドコモの関係者からの話として、今年のドコモの春夏モデルとして「Xperia XZ2」シリーズに加え、「Xperia XZ2 premium」も展開される可能性が高いとされていますが、肝心な発売日に関しては、先日の情報からも思ったより早く「6月下旬」になると予測されています。詳細は「肝心なのは発売日。ドコモは「Xperia XZ2 premium」含めた「Xperia XZ2」シリーズを発表へ。「Xperia XZ2 tablet」は発表されずって話。」と「まさかの世界最速の発売が日本に?「Xperia XZ2 premium」の発売日は「6月21日」かもって話。」をご参照下さい。

一方で、主力機種として登場するかと予測されていた「Xperia XZ2 premium」は「イギリス」などで発売されないことからも「地域限定モデル」になる可能性が非常に高く、その要因の一つとして生産問題に直面している可能性があるからとしています。詳細は「主力機種になりきれなかった要因は生産状況?「Xperia XZ2 premium」は生産問題に直面してるかもって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、新型「Xperia」が正式発表から発売日まで最低でも1ヶ月程度の期間が必要である理由が判明したので簡単にまとめたいと思います。


販売予測に依存しすぎ?

 

さて今回投稿されていた内容が以下のようになります。

Normally that’s the case but nowaday they will start production ahead of introduction by 1-2 months, but that also depends on the sales number prediction too (Premium and Compact line for example will only produce at small number first, then after introduction if the reaction is good then they will ramp up the line..)

さて今回の投稿によると、SONYは新型「Xperia」の先行生産を発売日の1ヶ月から2ヶ月前に始めるが、一方で販売数の予測にかなり依存しているため、特に「プレミアムモデル」や「コンパクトモデル」の関してはかなり初期生産の数が少ないとしています。

一方で、発売後の市場の反応を見て、その反応が良ければ生産数を増加させていくとしています。つまり今年の機種で言えば、「Xperia XZ2」に関しては、ある程度生産数を確保すると考えることができますが、「Xperia XZ2 premium」と「Xperia XZ2 Compact」に関しては初期生産量がかなり少ないと考えることができます。

特に「Xperia XZ2 premium」に関しては、生産上の問題を抱えている可能性がある上に、先日の情報では、日本市場を焦点にした機種である可能性があるとされています。詳細は「日本のみを焦点にした超地域限定モデルに。「Xperia XZ2 premium」はアメリカやヨーロッパで発売されないって話。」をご参照下さい。つまり販売地域をかなり限定している可能性が高いことからも、販売予測の見通しが立てやすい一方で、生産台数も極端に少なくなる可能性が高いと推測することができます。

少なくとも、ネットにおいての「Xperia XZ2 premium」への反応、そして次期「Xperia XZ3」シリーズへの反応を見ている限り、明らかに多くのユーザーは「Xperia XZ3」シリーズに期待していると考えることができます。SONYが市場の反応を、どのような基準で判断し、生産数を調整しているのか判然としませんが、この調子だと「Xperia XZ2 premium」の初期在庫はかなり少ないと考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧