• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 逆転の発想。「Xperia XZ2 premium」が地域限定モデル。それは「Xperia」生誕10周年記念モデルの開発に集中するためって話。

逆転の発想。「Xperia XZ2 premium」が地域限定モデル。それは「Xperia」生誕10周年記念モデルの開発に集中するためって話。

正式発表直後からも、「イギリス」などで発売されないことからも「地域限定」モデルになると予測されている「Xperia XZ2 premium」ですが、先日の情報からも、「Xperia XZ2 premium」自体が「日本市場」を焦点にした超地域限定モデルになる可能性があると予測されています。詳細は「日本のみを焦点にした超地域限定モデルに。「Xperia XZ2 premium」はアメリカやヨーロッパで発売されないって話。」をご参照ください。

一方で、日本での発売される可能性がかなり高いとされている中、先日の情報からも「ドコモ」はほぼ確実としながらも「au」から発売されない可能性が高いと予測されています。詳細は「肝心なのは発売日。ドコモは「Xperia XZ2 premium」含めた「Xperia XZ2」シリーズを発表へ。「Xperia XZ2 tablet」は発表されずって話。」と「発売日の遅さが原因に?「Xperia XZ2 premium」はau「SOV38」として登場しない可能性がって話。」をご参照下さい。

さて今回Xperia Blogのコメント欄から、「Xperia XZ2 premium」が地域限定モデルである理由は、「Xperia」生誕10周年記念モデルに注力している可能性があるとの投稿があったことが判明したので簡単にまとめたいと思います。


すべては「10周年」記念モデルに。

 

今回投稿されたいた内容が以下のようになります。

XZ2 Premium should not be released anymore. Sony should focus on the 10th year anniversary phone!

正直なところ、リーク情報というよりは、個人の意見ですが、むしろSONYの気持ちを体現しているかのように感じたので共有させて頂きたいと思います。Xperia Blogのコメント欄においても、今年の後半に登場すると予測されている「Xperia」生誕10周年記念モデルの話題で持ちきりになっています。

特に、先日の情報まででも、「4000万画素」の「デュアルレンズカメラ」に加え、ストレージ「128GB」、「4K OLED HDR」ディスプレイの搭載など、そのスペックの高さは一目瞭然です。詳細は「「Xperia XZ3 Pro」以上のスペックを。Xperia10周年記念モデルは「4000万画素」に新デザイン「Mirai」を採用って話。」をご参照下さい。

さらに「Xperia XZ2 premium」や「Xperia XZ2」とは大きく異なるフルスクリーンデザインなど、より進化したアンビエントフローが採用されると予測されており、デザインも大きく進化するとされています。詳細は「デザインを刷新へ。「Xperia XZ3 Pro」と「Xperia」生誕10周年記念モデルは進化したアンビエントフローを採用するかもって話。」をご参照下さい。

この時点でも「Xperia XZ2」シリーズは完全に捨て駒に近い存在となっています。何より「Xperia XZ2 premium」は当初MWC2018で発表されると予測されていましたが、実際にはキャンセル。そしてイベントなしの「4月16日」という中途半端な時期に発表、そして地域限定モデルに。

どこまでがSONYの予定通りだったのか判然としませんが、イレギュラーだらけであることに間違いありません。だからこそ、「Xperia XZ2 premium」はとりあえず、発表し、損失を減らすために「地域限定」モデルにして発売をすればいい。一方で「Xperia XZ3」や「Xperia生誕10周年」記念モデルに注力すればいい。まさに今回の投稿がSONYの気持ちを体現しているように思えてしまいます。

もちろん「Xperia XZ2 premium」への評価はユーザーごとに異なりますが、ネット上のリアクションをみる限りはハズレ機種です。先日の情報からも早くて「6月下旬」に発売を開始すると予測されています。詳細は「まさかの世界最速の発売が日本に?「Xperia XZ2 premium」の発売日は「6月21日」かもって話。」をご参照下さい。

ただこの情報が正しければ、約2ヶ月も待てば、「Xperia XZ3」シリーズや「Xperia」生誕10周年記念モデルが正式に発表される可能性が高いと考えることができます。とりあえず、待つことをおすすめします。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧