• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • コスパは最高クラスに。「Galaxy S8 Lite」のスペックの全貌が明らかに。発表間近へって話。

コスパは最高クラスに。「Galaxy S8 Lite」のスペックの全貌が明らかに。発表間近へって話。

「Galaxy S9」シリーズの深刻な販売実績が露呈した現状において、過去の「Galaxy」シリーズでもっとも売れた機種である「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」ですが、ようやく「Android8.0」のへのアップデートを開始しており、やはりアップデートへの対応の遅さが目にひきます。詳細は「日本ではいつに?アメリカでも「Galaxy Note8」が「Android8.0」へのアップデートが開始って話。」をご参照下さい。

また「Galaxy S9」シリーズの販売不調が物語っているのは、それだけ「Galaxy S8」シリーズの完成度が高かったと考えることができます。現に先日リークした次期モデルである「Galaxy S10」シリーズにおいても、ディスプレイサイズを含めて大きなデザイン変更される可能性はかなり低いと予測されています。詳細は「「Galaxy S10」のコードネームが判明に?ただデザインとスペックにその意味は反映されていないかもって話。」をご参照下さい。

名機に近い存在になりつつある「Galaxy S8」シリーズですが、先日その存在がリークしたエントリーモデルである「Galaxy S8 Lite」のより詳細なスペックがGizmoChinaが報告してることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



より詳細なスペックがリーク。

 

さてまず、先日のその存在が初めて確認された「Galaxy S8 Lite」の詳細は「「Galaxy S」シリーズにもエントリーモデルが。「Galaxy S8 Lite」のスペックがリークしたって話。」をご参照下さい。まず今回の情報によると、この「Galaxy S8 Lite」はすでに中国の認証機関の認証を通過しているとしており、正式発表が間も無くされる可能性が高いとしています。

その上で今回明らかになったスペックを簡単にまとめると以下のようになります。

  • 5.8インチのFHDインフィニティディスプレイ
  • Android8.0
  • snapdragon660
  • RAM「4GB」 ストレージ「64GB」
  • メインカメラ「1600万画素」
  • インカメラ「800万画素」
  • バッテリー容量「3000mAh」(急速充電対応)
  • その他 Bluetooth 5 LE, GPS with GLONASS, USB 3.1, and NFC.

ほぼ「Galaxy S8」のスペックを引き継いでいることになっており、大きな違いといえば、搭載CPUがミドルレンジモデル用の「snapdragon660」に変更されていることくらいでしょうか。

発売日に関しては、すぐに正式発表され、その後すぐに発売を開始するとされており、本体のカラーに関しては「ブラック」のみになるとしています。価格に関しては今回明らかになっていませんが、販売される市場を考えれば、そこまで高くない可能性が高いと考えることができます。

むしろミドルレンジという立ち位置ではありますが、「Galaxy S8」より「Galaxy S8 Lite」のほうがよほどコストパフォーマンスに優れている可能性が高いと予測することができます。日本市場では発売される可能性はかなり低いと考えることができます。

ただ今後キャリアモデルの「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」が発表・発売以降、徐々に「Galaxy S8」シリーズの価格が下がると考えることができます。むしろそっちのほうが狙い目かもしれませんね。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧