• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 発表へと着実に前進。「Xperia XZ3」シリーズは「5G」対応を前面に打ち出してくるかもって話。

発表へと着実に前進。「Xperia XZ3」シリーズは「5G」対応を前面に打ち出してくるかもって話。

昨年までの流れであれば、Qualcommの最新プラットフォームである「snapdragon8xx」シリーズは、「12月」など年末近くに正式に発表され、翌年の2月に開催される「MWC」で搭載した新型機種が発表される流れとなっています。次期「snapdragon855」に関してもSamsungが製造を請け負っており、例年より順調に開発・製造が進んでいるとされています。詳細は「「snapdragon855」の開発がかなり順調。次期「Xperia XZ4」は5G対応で問題なくMWC2019で登場かもって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報では、SONYとQualcommは共同して初の「デュアルモデム」を搭載した「snapdragon855」を開発しているとされており、早ければ今年の後半に登場すると予測されている「Xperia XZ3」シリーズに搭載されるとしています。詳細は「独自CPUへの第一歩。「Xperia XZ3 Pro」はデュアルモデムに対応した「snapdragon855」を搭載するかもって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、SONYが「5G」対応を強調するためのロゴの画像が投稿されていることが判明し、次期「Xperia」が「5G」に対応するための準備が着々と進んでいることが判明したのでまとめたいと思います。


「5G」+「Xperia」

 

さて今回投稿されていた画像が上記の画像になります。「5G」に対応したことを前面に強調したロゴとなっています。この時期に、このロゴがリークするということは、「5G」に関して、SONYは今年中に何かしらの動きをする可能性があると予測することができます。

確かに先日の情報でも、SONY全体では過去最高益であったのに対して、SONYモバイルは赤字です。この状況下において、SONYはスマートフォン事業から撤退する予定はなく、そのキーとなるのが「5G」であるとまで発言しています。詳細は「売却か継続か。「Xperia XZ4」で「5G」対応はSONYモバイルにとって大きな転換期になるって話。」をご参照下さい。

ただ「snapdragon855」を搭載したとしても、わかりやすく言えば、真の「5G」ではありません。ただ、「5G」でSONYは競合他社に何かしらのアドバンテージを模索しているようにも見えます。

先日の情報からも「Xperia XZ3 Pro」や「Xperia」生誕10周年記念モデルは、より進化した「アンビエントフロー」が採用されると予測されており、「Xperia XZ2」では採用できなかったのは何かしらの技術的制約があるためだと考えることができます。詳細は「デザインを刷新へ。「Xperia XZ3 Pro」と「Xperia」生誕10周年記念モデルは進化したアンビエントフローを採用するかもって話。」をご参照下さい。

この技術的制約の一つに「snapdragon855」が大きな鍵を握っている可能性が高いと考えることができます。ただ逆に言えば、「snapdragon845」を搭載している「Xperia XZ2」シリーズは捨て駒である可能性も考えることができます。果たして今年中に何かしらの動きがあるのか、続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧