• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • Xperiaが売れない理由。次期「Xperia XZ3」シリーズではターゲット層を明確に区別するべきだって話。

Xperiaが売れない理由。次期「Xperia XZ3」シリーズではターゲット層を明確に区別するべきだって話。

先日の情報からも、SONYモバイルの業績はかなり芳しくない状態にあることからも、SONYは今後ラインナップを縮小し、「Xperia XA」シリーズを含めたミドルレンジモデルを廃止にする方向にあると予測されています。詳細は「「Xperia XZ3 Pro」に大きな命運を。今後SONYは「Xperia XA」などミドルレンジモデルを廃止するかもって話。」をご参照下さい。

一方で、現行の「Xperia X」シリーズが始まって約3年の月日が経過しますが、一部の海外では「Xperia X」シリーズは認識されておらず、「Xperia Z」シリーズで終焉したと思われています。つまり「ハイエンドモデル」でもまだまだ広く認知されていないことになります。詳細は「」をご参照下さい。

さて今回Xperia Blogのコメント欄から、新型「Xperia」のコンセプト、ターゲット層が明確ではないからこそ、はっきりとした売上に繋がらないとの投稿があったことが判明したので簡単にまとめたいと思います。



ターゲット層が明確ではない。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

Only the hardcore Sony fanboys will keep buying Sony phones. And even that group is shrinking due to the ‘Ambient Flow’ design and the removal of the headphone jack.

For the other people, the ‘normal’ people not particularly loyal to any one brand, there just isn’t any compelling reason to purchase a Sony phone, whether it’s top features or affordability they’re looking for.

さて今回の投稿内容によると、まず「Xperia」の売上を支えてくれているのは、「SONY信者」、もっとも簡単にいえば「オタク」であるとしています。ただ新デザインである「アンビエントフロー」の採用によって、イヤホンジャックが廃止になったことで、これらの人々すら離れていってしまっているとしています。

一方で「信者」ではなく、特定のメーカーやブランドにこだわりがない人々、「一般層」においては「Xperia」自体が、特段注目すべき価値はないとしています。

確かに今回の投稿を読んで納得してしまったのですが、まず「オタク」向けとされている「Xperia XZ2 premium」は発表時期・発売時期に戦略性が考えられません。詳細は「コンセプトが異なる?「Xperia XZ3 Pro」は普遍モデル。「Xperia XZ2 premium」はオタク向けモデルって話。」をご参照下さい。

少なくとも「オタク」は最新機種を使いたいもの。事前情報では「Xperia XZ2 premium」は遅くて「8月」に発売を開始すると予測されています。ただ「8月」下旬に「Xperia XZ3」が発表されると予測されていることからも、よほど「Xperia XZ3」に魅力がない限り、「Xperia XZ2 premium」を選択することはないと考えることができます。詳細は「超強力な「Xperia XZ3 Pro」は「8月」に。「Xperia XZ2 premium」の発売が7月では売れないかもって話。」をご参照下さい。

また「Xperia XZ2 premium」自体の価格によりますが、基本オーバースペックです。つまり「Xperia XZ2 premium」の価格が高い場合、一般層は「Xperia XZ2 premium」を選択する可能性は低いです。さらに一般層において「Xperia XZ2」シリーズが魅力的な存在かと言えば、そうでもありません。

極端な話、似たようなスペックを搭載している機種が多い中、今トレンドの「顔認証」や「ベゼルレスデザイン」を「Xperia XZ2」シリーズは採用していません。強いていうなら「Xperia XZ2 Compact」がターゲット層が明確となっています。つまり「Xperia XZ2」など一般層のユーザーがもっとも選択する機種が、ぱっとしないことが売上低迷の要因に繋がっていると考えることができます。。

確かに、ターゲット層を明確にした上での機種の開発は難しいと思います。ただ競合他社が多く存在する市場だからこそ、他社と区別化しない限り今後も数字は悪化していくと考えることができます。今年の後半には「Xperia」生誕10周年記念モデルが登場すると予測されています。詳細は「「Xperia XZ3 Pro」以上のスペックを。Xperia10周年記念モデルは「4000万画素」に新デザイン「Mirai」を採用って話。」をご参照下さい。

スペックに関係なく、Xperiaが好きな人は食いつきそうなコンセプトになっていますよね。まあスペック的にもオタクはくいつくと思いますけど。ソニーが今後どのようなコンセプトを打ち立てるのか非常にきになるところです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧