特に歪み・ノイズに問題なし。「Xperia XZ2 premium」と「Galaxy S9」の比較画像が公開にって話。

先日の情報からも「Xperia XZ2 premium」に搭載されている「デュアルレンズカメラ」は、「Xperia XZ1」や「Xperia XZ premium」と同じく「IMX400」を採用していることが判明しており、「歪み」や「ノイズ」の問題が懸念されています。詳細は「高性能化。けど「デュアルレンズカメラ」に惑わされそうになる。「Xperia XZ2 premium」は「IMX400」を採用しているって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報では「Xperia XZ2 premium」に採用されている「IMX400」は新たに7枚のカメラレンズで再構成していることからも、ソフトウェアによる調整がなくても、「歪み」や「ノイズ」の問題は改善されている可能性が高いと予測されています。詳細は「」をご参照下さい。

さて今回中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、早くも「Xperia XZ2 premium」と現時点で最高峰のカメラを搭載した「Galaxy S9」の比較動画が公開されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



比較画像が早くも公開に。

 

さて今回投稿されていた動画の一部が上記の画像になります。正直、風景が風景のせいか、特段「歪み」や「ノイズ」が発生していることは確認できません。ただ、「Xperia XZ2 premium」のほうがちょっと白っぽく撮影されている印象を受けます。

次に建物を撮影した画像になります。「Xperia XZ2」や「Xperia XZ1」では、この手の建物を撮影した画像の場合、ほぼ間違いなく「歪み」が発生していることが確認できますが、少なくとも上皮の画像において「Xperia XZ2 premium」に歪みが発生しているようには見えません。一方で「Galaxy S9」のほうが少しだけ「ノイズ」が抑制されているようにも見えます。

上記の写真を確認しても特段「ノイズ」や「歪み」を確認することはできません。ただ、色合いがかなり異なるため、正直なところ日常使う上で、どちらの色合いがいいかはユーザーの好みに大きく影響されると考えることができます。今回の画像はあくまでも動画の一部でありきになる方はチェックして見てください。

ただ一つ気になるのは、「Xperia XZ2 premium」をどのように入手したのかということになります。先日の情報でも中国で開催されたイベントにおいて、「Xperia XZ2 premium」はショーケースのみの展示となっており、実際には実機が展示されていなかった可能性が高いとされています。詳細は「未完成のまま。「Xperia XZ2 premium」はモックアップのみの展示で触れることができなかったって話。」をご参照下さい。

また今回撮影した機種も「Xperia XZ2 premium」で撮影したとの確証を得ることもできません。先日の情報からも「Xperia XZ2 premium」はそのデザインの問題なのか、大量生産にむかないことが要因で「地域限定モデル」になっているとされています。詳細は「主力機種になりきれなかった要因は生産状況?「Xperia XZ2 premium」は生産問題に直面してるかもって話。」をご参照下さい。

一方で日本でも展開されると予測されていますが、発売時期が問題で「au」からの発売が中止になるとされています。詳細は「発売日の遅さが原因に?「Xperia XZ2 premium」はau「SOV38」として登場しない可能性がって話。」をご参照下さい。何かと問題だらけの「Xperia XZ2 premium」ですが、発売含めて今後どのようになるのか続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧