新デザイン「アンビエントフロー」。「Xperia XZ2 premium」で改悪に。やはり「Xperia XZ3 Pro」で改善をって話。

「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」で採用された新デザイン「アンビエントフロー」ですが、何かと評判が悪く、それこそアスペクト比が「16:9」と異なりますが、同じくアンビエントフローが採用された「Xperia XZ2 premium」も発表直後から痛烈に海外で批判されています。詳細は「改悪されたアンビエントフロー。「Xperia XZ2 premium」は早くも海外で痛烈に批判されているって話。」をご参照下さい。

一方で、人口工学を優先したデザインとなっているアンビエントフローですが、その形状からも、特に本体が大型である「Xperia XZ2 premium」は、アンビエントフローを採用したことによって、より重く、より厚く、より大きくなっていることが判明しています。詳細は「美学を優先して無駄が多い。「Xperia XZ2 premium」のデザインはやはり改悪って話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、次期「Xperia XZ3」と「Xperia XZ3 Pro」はアンビエントフローが改善される可能性があると投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



地味にに改善に?

 

さて今回投稿されていた内容が以下のようになります。

Hopefully XZ3 will solve the minor problems in XZ2 design.

今回の投稿は、ESATO上でも特に情報に信頼性のあるjosephnero氏による投稿になります。今回の投稿によると「Xperia XZ2」に発生しているマイナーな問題は「Xperia XZ3」で解決する可能性があるとしています。先日の情報からも、「Xperia XZ2」シリーズに採用されているアンビエントフロー、特に「Xperia XZ2 premium」に関しては、生産上で大きな問題を抱えているとされています。詳細は「主力機種になりきれなかった要因は生産状況?「Xperia XZ2 premium」は生産問題に直面してるかもって話。」をご参照下さい。

少なくとも何かと評判が悪いので、特に日常使う部分において地味に改善にされるのはユーザーにとっては嬉しいところです。ただ先日の情報では、今年後半に登場すると予測されている「Xperia XZ3 Pro」、もしくはXperia生誕10周年記念モデルは独自のデザインを採用するとの予測もあります。詳細は「デザインでも革新的な存在に。「Xperia XZ3 Pro」はフルスクリーンデザインを採用かもって話。」をご参照下さい。

このことからも同じシリーズである「Xperia XZ3」と「Xperia XZ3 Pro」でもデザインが異なる可能性があると考えることができます。ただ基本としては、「Xperia XZ4」までは、ベースのデザインは「アンビエントフロー」になると予測されています。詳細は「「Xperia XZ4」でも負の連鎖は断ち切れない?生誕10周年記念モデルは独自の新デザインを採用するかもって話。」をご参照下さい。

日常使う上で、スペック以上に重要ともなる「デザイン」が、世代を重ねるごとに改良されることは当たり前だと考えられますが、少なくとも「フルモデルチェンジ」を果たした「Xperia XZ2」だからこそ、より早い改善を期待したいところです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧