• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「Xperia XZ3 Pro」にも影響が?「有機ELディスプレイ」の品質が改善しない限り「液晶」を継続採用するって話。

「Xperia XZ3 Pro」にも影響が?「有機ELディスプレイ」の品質が改善しない限り「液晶」を継続採用するって話。

かなり情報が錯綜していますが、先日の情報では今年の後半には真の主力機種である「Xperia XZ3 Pro」もしくは独自デザインを採用した「Xperia」生誕10周年記念モデルが登場すると予測されています。詳細は「「Xperia XZ4」でも負の連鎖は断ち切れない?生誕10周年記念モデルは独自の新デザインを採用するかもって話。」をご参照下さい。

一部情報では2020年頃まで、新デザインである「アンビエントフロー」を採用すると予測されていますが、一方で先日の情報では、「Xperia XZ3 Pro」はXperia史上初のフルスクリーンデザインを採用すると、既存ラインとは別の独自のデザインを採用するとの情報もあります。詳細は「デザインでも革新的な存在に。「Xperia XZ3 Pro」はフルスクリーンデザインを採用かもって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、SONYは「有機ELディスプレイ」の品質が改善しない限り、今後も「液晶」を採用する可能性が高いとの投稿がされていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「Xperia XZ3 Pro」にも影響が?

 

さて今回の投稿内容が以下のようになります。

he was right in saying that the current LCD quality is excellent so unless they can improve on this with the OLED, LCD will remain in a lot of their devices, reading between the lines I think the OLED panel will be very high quality so 4K perhaps?

今回の投稿によると、SONYの関係者の話として、「有機ELディスプレイ」の品質が改善しない限り、今後とも「液晶」を採用していく可能性が高いと判断することができます。「iPhone X」や「Galaxy S9」シリーズなど、「有機ELディスプレイ」を採用している機種はありますが、あくまでも表示解像度に関しては「2K」以下となっています。

一方で今年の下期の登場すると予測されている「Xperia XZ3 Pro」の表示解像度は「4K」になると予測されていることからも、やはり「4K」が大きな障壁になっていると考えることができます。先日の情報でも「Xperia XZ2 premium」がアスペクト比「16:9」を採用している理由は、搭載CPUが「4K +」の表示解像度に対応していないからだとされています。詳細は「4Kが足枷に。「Xperia XZ2 premium」がアスペクト比「16:9」を採用した理由が判明したって話。」をご参照下さい。

先日からの情報でも、SONYが「有機ELディスプレイ」の開発を積極的に進めているのは間違いありません。ただ電池持ちや原価コスト、そして「4K」を活かすための品質を考慮した場合、予測されているような「4K OLED」ディスプレイが「Xperia XZ3 Pro」に搭載されると過度の期待はしなほうが無難だと考えられます。

先日の情報からも、「Xperia XZ2」シリーズ自体が「Xperia XZ3」シリーズのウォーミングアップ的存在にすぎないとされていることからも、中途半端なスペックで発表することは考えたくないと思っちゃいますが、ソニーのことだから地味にもったいぶりそうですよね。詳細は「」をご参照ください。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧