• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 大きなデザイン変更はなし。「iPhone SE2」の実機画像がリークしたって話。

大きなデザイン変更はなし。「iPhone SE2」の実機画像がリークしたって話。

先日の情報からも、ユーラシア経済連合の認証情報から、Appleは早ければ「5月」中に、遅くても「WWDC2018」の時に新型「iPhone」を発表する可能性が高いと予測されており、この新型「iPhone」が長らく噂されている「iPhone SE2」であると予測されています。詳細は「進化するのか?現状維持か?「iPhone SE2」はやはり「6月」のWWDCで発表かもって話。」をご参照下さい。

一方でこの情報を裏付けるかのように、「iPhone SE2」の詳細なスペックもリークしており、基本ベースは「iPhone7」で当初予測されていたフルモデルチェンジになる可能性は低いと予測されています。詳細は「フルモデルチェンジではない模様。「iPhone SE2」はイヤホンジャック廃止して5月に登場って話。」をご参照下さい。

さて今回9To5Macによると、中国のソーシャルメディアから「iPhone SE2」の実機画像とされるものがリークしていることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



ついに実機画像がリークに?

 

さて今回リークした画像が上記の画像になります。事前情報通りに、背面は「ガラス」になっていることが確認することができます。このことことからも、「ワイヤレス充電」に対応している可能性が高いと判断することができます。詳細は「すでに量産開始。「iPhone SE2」はガラスを採用してもうすぐ発売開始かもって話。」をご参照下さい。

すでに量産を開始しているとの予測されていることかも、今回の画像はなかなか信憑性があると考えられます。ただ「背面」が「ガラス」になったこと以外は特段大きな変更はないようにも見えます。

フロント部分においても、「Touch ID」は健在で、一部情報にあったような「Face ID」は搭載されていません。また事前情報ではディスプレイサイズが「4.2インチ」に拡大するとされていますが、今回の画像では詳細な判断はできませんが、従来の「iPhone SE 」と同じく、「4.0インチ」のディスプレイを搭載しているようにも見えます。

ただ見た目に大きな変化はなくても、内部スペックは地味に進化している可能性が高く、さらに「iPhone SE」が登場してから2年経過することからも、タイミングのニーズはぴったりだと考えることができます。ただ、フルモデルチェンジを期待していたユーザーからすればやはり物足りなさを感じる可能性が高いと考えることができます。

また今回の画像を確認する限り、大きなデザイン変更もないことからも、先日までの情報のように、本体価格が大幅に上昇することは考えにくいと考えることができます。詳細は「かなり高価格に?「iPhone SE2」は6月のWWDCで発表で7万円程度になるって話。」をご参照下さい。

フルモデルチェンジではなく、マイナーアップデートである以上、やはり「5月」にサイレントアップデートで発表される可能性が高いと判断することができます。「iPhone SE」の後継機種を待望しているユーザーからすれば1日も早く登場してほしいところですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧