主力機種になりきれなかった要因は生産状況?「Xperia XZ2 premium」は生産問題に直面してるかもって話。

先日の情報からも、ついに正式発表されたばかりの「Xperia XZ2 premium」は「イギリス」や「アイルランド」で発売されないと予測されていることからも「地域限定」モデルになると予測されています。詳細は「主力機種ではない証。「Xperia XZ2 premium」はイギリスなどで発売されず地域限定モデルになるって話。」をご参照下さい。

一方で、「Xperia XZ2」や「Xperia XZ2 Compact」と同じくアンビエントフローを採用しながらも「アスペクト比16:9」を採用している理由は「snapdragon845」が「アスペクト比18:9」に対応した「4K +」に対応していないことが原因だとされています。詳細は「4Kが足枷に。「Xperia XZ2 premium」がアスペクト比「16:9」を採用した理由が判明したって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「Xperia XZ2 premium」が「地域限定モデル」になっている理由が投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「生産状況」が悪い?

 

さて今回投稿されていた内容が以下のようになります。

The problem with XZ2P is far more complex, involving the dual cam and its “AUBE” ISP. Both software and hardware side. Left-over issue that came after the change, the previous pre-modification “Premium” actually very much qualified for mass production right away. 

今回の投稿によると、「デュアルカメラ」と「AUBE ISP」に関してソフトの面、そしてハードの面において非常に困難な状況に直面しているとしています。ちょっと上手く訳せなくて申し訳ないのですが、途中で計画を変更したせいなのか、この変更によって「大量生産」が大きな問題になっていると解釈することができます。

確かにMWC2018の発表直前に「Xperia XZ2 premium」はFCCの認証をキャンセルしており、「対応バンド」関連の仕様を変更して再度認証を通過していることが判明しています。ただ今回の情報では「デュアルカメラ」が大きな要因になっているようです。そのために「発売時期」も「7月」か「8月」と大きくずれ込んでしまうと考えることができます。詳細は「超強力な「Xperia XZ3 Pro」は「8月」に。「Xperia XZ2 premium」の発売が7月では売れないかもって話。」をご参照下さい。

一部情報によると「SIMフリーモデル」は「中国」で最初に発売されると予測されていますが、実際には「7月」なのか「8月」なのか判然としない状況にあります。一方で国内モデルとして「ドコモ」が展開する可能性が高いと予測されていますが、相変わらず「キャリアモデル」含めてその登場時期は不明となっています。詳細は「あとちょっとの辛抱。ドコモの2018春夏モデルの発表リストがリーク?「Xperia XZ2 premium」も含まれているって話。」をご参照下さい。

「Xperia XZ premium」の例からも「6月」は十分にあり得ますが、さすがに「7月」以降は遅すぎる気がします。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧