• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • なんのために?いまはなきはずの「Galaxy Note7」に「Android8.0」が配信開始するかもって話。

なんのために?いまはなきはずの「Galaxy Note7」に「Android8.0」が配信開始するかもって話。

最先端に技術を採用するのは早いSamsungの「Galaxy」シリーズですが、一方でOSのアップデートに関してはかなり遅く、先日の情報ではすでに後継機種が発売されている「Galaxy S8」シリーズ、そして昨年末に発売された「Galaxy Note8」にようやく「Android8.0」の配信が開始したことが判明しています。詳細は「日本ではいつに?アメリカでも「Galaxy Note8」が「Android8.0」へのアップデートが開始って話。」をご参照下さい。

一方で「Galaxy S9」シリーズの販売の不調の影響を受けてか、早くも「Galaxy Note9」が「7月」に発表・発売されると予測されていますが、やはりOSに関しては「Android8.1」ではなく、「Android8.0」である可能性が高いと予測されています。詳細は「「Galaxy S9」のせいだって。「Galaxy Note9」は7月に発売開始かもって話。」をご参照下さい。

さて今回Sam Mobileによると、完全にリコールとなってその機体のほぼすべてが回収されたとされている「Galaxy Note7」に「Android8.0」が配信される可能性があると報告しているので簡単にまとめたいと思います。


「Android8.0」は配信開始に?

 

さて今回の情報によると、「Galaxy Note7」が「Android8.0」でWi-Fi Allianceに認証されていることが判明したと報告しています。確かに上記の画像を確認すると、「Android8.0」との記載を確認することができます。ただ、Samsungは「Galaxy Note7」に対していくつかのアップデートを施しており、このアップデートをしている機体に関しては、充電ができないなど、ほぼスマホとしての機能は失われています。

ただ、実際に配信されているアップデートをしていない機体は現存している可能性があり、その機体にとどめを刺す意味でも「Android8.0」の認証および配信をするとも考えることができます。まあ「Android8.0」が配信開始となる可能性はかなり低いと考えたほうが無難ですが。

なぜ「Galaxy Note7」が「Android8.0」でWi-Fi Allianceに認証されているのか判然としない状況にあります。Samsungがどのような意図で認証を通過させたのか非常に気になりますよね。

「Galaxy Note7」の改装版として発売された「Galaxy Note7 FE」は韓国限定で発売されましたが、すぐに完売するなど、問題がなければ「Galaxy Note7」自体もかなりいい機種であったと考えることができます。後継機種である「Galaxy Note9」の登場はあと3ヶ月程度です。先日にはコンセプト画像も公開されています。詳細は「「Galaxy S9」とは異なる独自路線へ。「Galaxy Note9」のコンセプト動画が公開されたって話。」をご参照下さい。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧