• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • その名に恥じぬデザインへ。Xperia史上最強機種「Xperia XZ3 Pro」のレンダリング画像が公開にって話。

その名に恥じぬデザインへ。Xperia史上最強機種「Xperia XZ3 Pro」のレンダリング画像が公開にって話。

先日の情報からも主力機種として予測されていた「Xperia XZ2 premium」とは別に、真の主力機種である「Xperia XZ3 Pro」が存在していると予測されています。詳細は「超強力な「Xperia XZ3 Pro」は「8月」に。「Xperia XZ2 premium」の発売が7月では売れないかもって話。」をご参照下さい。

一方で先日には早くも「Xperia XZ3 Pro」のベンチマークと予測されているものがリークしており、「アスペクト比18:9」を採用していることからも「snapdragon855」を搭載している可能性が高いとされています。詳細は「最強の「Xperia XZ3 Pro」。貧弱な「Xperia XZ3」。ベンチマークが早くもリークしたって話。」をご参照下さい。

さて今回Concept Phonesが、真の主力機種である「Xperia XZ3 Pro」のレンダリング画像を公開してることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



レンダリング画像が公開に。

 

さて今回公開されたレンダリング画像が上記の画像となります。あくまでもコンセプトに近い面があるため、実際のリーク情報と異なる面も多々あります。まず「Xperia XA2」シリーズから「背面」に「指紋認証」が搭載されるようになりましたが、今回のレンダリング画像では、従来と同じく、「電源ボタン」に統合されている可能性が高いです。

また背面には「デュアルレンズカメラ」のみかつ光沢仕上げで、非常にシンプルかつ高級感がある仕上げになっています。先日の情報では「2020年」まで「アンビエントフロー」が継続すると予測されていますが、個人的には、以前のデザインのほうがすっきりとした印象で、ぜひ復活してほしいと考えてしまいます。詳細は「「Xperia XZ3」シリーズ以降も継続?不評アンビエントフローは2020年まで継続かもって話。」をご参照下さい。

次にディスプレイ側のレンダリング画像が上記の画像になります。冒頭でも記述しましたが、「Xperia XZ3 Pro」は「アスペクト比18:9」を採用する可能性が高いと予測されていますが、上記の画像ではついに「ベゼルレスデザイン」を採用していることになります。また「iPhone X」ほど目立ちませんが、上下が「ノッチ」スタイルになっていることも確認することができます。

ディスプレイサイズはまだ明らかになっていませんが、今回のレンダリング画像では「6.2インチ」の「4L OLED」ディスプレイを搭載していることになっています。少なくとも「4K OLED」ディスプレイに関しては事前情報と一致しています。2018年の初頭に開催されたCES2018、そしてMWC2018で発表された多くの新機種は、「iPhone X」と似たようなデザインを採用していますが、今回のレンダリング画像では、同じベゼルレスデザインでも、Xperiaらしい雰囲気が出ています。

また「インカメラ」に関しては、まさかの開閉式となっています。確かにここまでベゼルを極限まで削れば、レンダリング画像のように「開閉式」にするか、もしくは「ディスプレイ」に埋め込むのどちらかの選択肢しかないですしね。また本体上部には、イヤホンジャックを確認することができず、やはり廃止されているままのようです。

先日の情報では、IFA2019で登場する次期「Xperia」から新しい命名規則を採用すると予測されています。詳細は「「Xperia XZ4」が最後の「X」シリーズへ。やはり2019年から新しい命名規則に変更かって話。」をご参照下さい。このことからも「Xperia XZ3 Pro」は「X」シリーズの集大成に近い端末になると考えることができます。

SONYというブランドがあるからこそ、そのイメージを壊すのは難しいと思いますが、今回公開されたレンダリング画像のように思いきったデザインを採用するのも正直ありだと考えてしまいます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧