• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • すでに量産開始。「iPhone SE2」はガラスを採用してもうすぐ発売開始かもって話。

すでに量産開始。「iPhone SE2」はガラスを採用してもうすぐ発売開始かもって話。

長らく登場が予測されている「iPhone SE2」ですが、事前情報とは異なり「3月27日」に開催されたイベントでは正式発表されませんでしたが、直近の情報ではユーラシア経済連合の認証情報からも遅くても6月に「iPhone SE2」が正式に発表される可能性が高いと予測されています。詳細は「進化するのか?現状維持か?「iPhone SE2」はやはり「6月」のWWDCで発表かもって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報では、あまり判然としなかった「iPhone SE」のスペックですが、「A10」チップを搭載、さらに「ワイヤレス充電」に対応など、徐々にそのスペックが明らかになり、また「5月中」に発売されると予測されていることからもフルモデルチェンジではない可能性が高いと予測されています。詳細は「フルモデルチェンジではない模様。「iPhone SE2」はイヤホンジャック廃止して5月に登場って話。」をご参照下さい。

さて今回Apple関連のリーカーとして非常に有名なBenjamin Geskin氏が、自身のTwitterで「iPhone SE」がまもなく正式発表されることをTweetしていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



もう間も無く登場に。

 

さて今回明らかになった同氏のTweetが以下のようになります。

今回のTweet内容を確認してみると、「iPhone SE2」のchord nameは「Jaguar」で「iPhone8」などと同じく「ガラス」の筺体を採用し、「ワイヤレス充電」に対応しているとしています。またすでに大量生産を開始しており、もうまもなく発売を開始すると予測することができます。

先日の情報と今回の情報を鑑みてみると、やはり「Face ID」は搭載されていない可能性が非常に高いと予測することができます。ただ順当にスペックアップしていると考えることができます。簡単に言えば、中身は「iPhone7」程度に進化していますが、デザイン面に関しては「iPhone8」を意識した仕様になっている可能性が高いと考えることができます。

一時期、「iPhoneSE2」は登場しない、もしくはマイナーアップデートになると予測されていました。詳細は「残念。「iPhone SE2」はマイナーアップデートもしくは発売されないかもって話。」をご参照下さい。まさにこの情報が的中したと考えることもできます。あと気になるのは本体価格です。さすがに現行モデルと同程度の価格設定になるとは考えにくいです。

先日の情報では「7万円」程度になると予測されています。詳細は「かなり高価格に?「iPhone SE2」は6月のWWDCで発表で7万円程度になるって話。」をご参照下さい。ただいまや希少価値の高いハイエンドコンパクトモデルであることを考えれば、ある程度高くてもかなりのニーズがあると予測することができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧