• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • フルモデルチェンジではない模様。「iPhone SE2」はイヤホンジャック廃止して5月に登場って話。

フルモデルチェンジではない模様。「iPhone SE2」はイヤホンジャック廃止して5月に登場って話。

先日までの情報では、Appleがどれだけ「iPhone SE2」の開発に時間を割くことができるかで大きく仕様が異なると予測されており、今年発表される新型「iPhone」のすべてが「Face ID」を搭載すると予測されていることからも、「iPhone SE2」もフルモデルチェンジになると期待されています。詳細は「今年発表される次期「iPhone」のすべてに「Face ID」を搭載?「iPhone SE2」も?って話。」をご参照下さい。

一方でフルモデルチェンジが敢行されることもあるせいか、「iPhone SE2」は「iPhone SE」と比較して大幅に価格が上昇し、さらに「WWDC2018」で発表されると予測されています。詳細は「かなり高価格に?「iPhone SE2」は6月のWWDCで発表で7万円程度になるって話。」をご参照下さい。

さて今回、Macお宝鑑定団Blogによると、より詳細な「iPhone SE2」の本体のスペックについて報告しており、噂されていたフルモデルチェンジが敢行されないことが判明したので簡単にまとめたいと思います



フルモデルチェンジはない模様。

 

さて今回ConsomacがiPhoneのケースメーカーに取材したところ、まず「iPhone SE2」は「Touch ID」を搭載しており、事前情報のように「Face ID」を搭載していないことからも、フルモデルチェンジが敢行されていないと考えることができます。また、発表時期は「5月」になるとそており、イヤホンジャックの廃止、そして「Apple Pay」に対応すると報告しています。

先日にはユーラシア経済連合の認証情報からも、「5月」に新型「iPhone」が登場すると予測されていましたが、今回の情報を考慮すれば、この新型「iPhone」が「iPhone SE2」であることはほぼ確定したと考えることができます。詳細は「進化するのか?現状維持か?「iPhone SE2」はやはり「6月」のWWDCで発表かもって話。」をご参照下さい。

さらに今回の情報では、「A10」チップを搭載し、「ワイヤレス充電」にも対応するとしていますが、スペックが大幅に向上する一方で、デザインは「iPhone SE」から大きく変更されることはないとしています。ただ「ワイヤレス充電」に対応することで、「iPhone8」シリーズのように本体の背面が「ガラス」に変更されるかどうかは確証を得ることができなかったとしています。

今回の情報が正しければ、「iPhone SE2」が5月に登場するなど、あえてWWDCの時期からずらしていることからも、そこまで力をいれていないのか、それともWWDCではそれ以上に注目すべき新製品が発表するためにわざとずらしたのか非常に気になるところです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧