• HOME
  • ブログ
  • Xperia XZ2 premium
  • アンビエントフロー自体が不評なのか。「Xperia XZ2 premium」のデザインもユーザーから厳しい評価にって話。

アンビエントフロー自体が不評なのか。「Xperia XZ2 premium」のデザインもユーザーから厳しい評価にって話。

「Xperia XZ2 premium」には「Xperia XZ2」や「Xperia XZ2 Compact」などと異なり「アスペクト比16:9」を採用していることもあり本体サイズや厚み、そして重さのすべて増し増しとなっています。先日には「Xperia XZ premium」など歴代「Xperia」などとの比較図も公開されています。詳細は「デザインは明らかに進化。「Xperia XZ2 premium」と「Xperia XZ premium」との比較図が公開されたって話。」をご参照下さい。

さらに中国のイベントにおいては実機すら展示されていない状態にも関わらず、早くも海外サイトでは「Xperia XZ2 premium」のデザインは猛烈に批判されています。詳細は「未完成のまま。「Xperia XZ2 premium」はモックアップのみの展示で触れることができなかったって話。」と「」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaが行ったアンケート結果によると、「Xperia XZ2 premium」のデザインに対するユーザーの評価は非常に厳しいことになっていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



やはり厳しい評価に。

さて今回公開されたアンケート結果が上記の画像になります。いい評価をしているユーザーが全体の「38.54%」に対して、最低の評価は「36.03%」とほぼ同数の結果になっていることが確認することができます。初めてアンビエントフローを採用した「Xperia XZ2」の時も今回と同様のアンケートが行われていましたが、その時とほぼ同じ結果になっています。詳細は「60%の人が低評価。「Xperia XZ2」はデザインが奇抜すぎたって話。」をご参照下さい。

今回のアンケート結果では、なぜ高評価をしたのか。なぜ低評価をしたのかまでは判然としません。ただ、「ベゼル」や「厚み」、「重さ」など複数の要因が考えられ、こうなってくると新デザインである「アンビエントフロー」自体の評価が悪いと考えることができます。先日の情報では「Xperia XZ2 premium」は改善されたアンビエントフローが採用されるとの情報もありましたが、むしろ改悪。詳細は「新デザインの欠点。「Xperia XZ2 premium」は改善された「アンビエントフロー」が採用されるかもって話。」をご参照下さい。

先日の情報からも「Xperia XZ2 premium」は「地域限定」モデルになる可能性が高く、さらにはすでに次期「Xperia」が主力機種になると予測されていることからも、待望されていた割にはかなり粗末な扱いになる可能性が高いと判断することができます。詳細は「購入すべきかどうか迷う。SONYが「Xperia XZ2 premium」以外の主力機種の存在を示唆したって話。」をご参照下さい。

個人的には、アスペクト比「16:9」を採用したことによるディスプレイの大型化は非常に嬉しいのですが、ベゼルレスデザインがトレンドの状況の中では、厳しい評価にしかならないみたいですね。今後の動向に要注目です。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧