• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「iPhone SE」は値下げへ。俗称「iPhone X Plus」はiPhone史上最高価格になるかもって話。

「iPhone SE」は値下げへ。俗称「iPhone X Plus」はiPhone史上最高価格になるかもって話。

その本体価格の高さのせいか、「iPhone X」単体での売り上げを見たときに、Appleや多くのアナリストの予測を大きく下回る販売実績となっており、この影響を受けて、今年発表される次期「iPhone」の計画を変更したと予測されています。詳細は「「iPhone X」の販売不調が原因に。Appleが次期「iPhone」の計画を変更したって話。」をご参照下さい。

先日には「FCC」の開示情報からも長らく噂されていた新色「ブラッシュゴールド」が実際に開発されていたことが判明していますが、事前情報では「iPhone X」は1世代限りとなり、夏頃には完全に終了すると予測されており、「ブラッシュゴールド」は日の目に当たることなく終了しそうです。詳細は「短命。「iPhone X」は夏頃に生産中止になるって話。」を「未発表のまま登場することはない。「iPhone X」のゴールドモデルは実際に存在していたって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「iPhone X Plus」はiPhone史上最高価格になるとしており、さらに「iPhone SE」は大きく値下げになる可能性があると報告しているので簡単にまとめたいと思います。


史上最高価格に?

 

さて今回の情報によると、Appleは次期「iPhone」で新しい価格設定を行う可能性が高いと報告しています。事前情報では、「iPhone X」の後継機種は価格上昇を抑えるために、「有機ELディスプレイ」ではなく、「液晶」を採用すると予測していましたが、今回の情報では、そこまで価格に変化はないとしています。

特に大きな注目を集める可能性が高いのが「iPhone X」の後継機種の一つである「iPhone X Plus」の存在になります。今年登場する次期「iPhone」の中で最上位機種の扱いになり、価格に関しても今回の情報では、ストレージなどいくつかの要件を考慮した上でも平均価格が「$1200」程度になるとしています。

一方でハイエンドモデルの価格上昇に合わせて、エントリーモデルの立ち位置にある「iPhone SE」は値下げが行われ、「$300」程度になるとしています。つまり大きく3つの価格構成になるとしています。今回の情報が正しければ、地味に価格が高くなると予測されている「iPhone SE2」が登場したとしても、「iPhone SE」は併売される可能性が高いと判断することができます。詳細は「かなり高価格に?「iPhone SE2」は6月のWWDCで発表で7万円程度になるって話。」をご参照下さい。

従来は、iPhoneのラインナップ全体が高い印象ですが、プレミアムモデルはより高く、エントリーモデルはより安くと、ユーザーの需要に合わせてラインナップをより強化すると予測することができます。ただ今回の情報では「iPhone」の「6.1インチ」モデルにはついて言及していません。従来の「iPhone8」程度の価格に落ち着くのでしょうか。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧