SONYとドコモの独占関係は終了へ。「Xperia XZ2 premium」は「ドコモ」と「au」からやはり発売へって話。

いまだ日本市場では、「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」は未発表となっていますが、展開が確実視されています。一方で、先日の情報では、「Xperia XZ2」のSIMフリーモデルがキャリアモデルとは別に展開される可能性があると予測されています。詳細は「ドコモ優遇の時代は終結に。「Xperia XZ2」のSIMフリーモデルが国内でも発売かもって話。」をご参照下さい。

一方で、その発表時期が大きく注目されている「Xperia XZ2 premium」ですが、先日リークした情報によると、ドコモの春夏モデルとして発表されるリストの中に含まれていることからも、事前情報通り5月頃に登場する可能性が高いと予測されています。詳細は「あとちょっとの辛抱。ドコモの2018春夏モデルの発表リストがリーク?「Xperia XZ2 premium」も含まれているって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「Xperia XZ2 premium」の国内展開に関する新たな投稿があったことが判明したので簡単にまとめたいと思います。



auからも登場へ?

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

New XZ2 “Premium” variant summary:

-H81xx

-SO-05K for NTT Docomo

-SOV38 for au KDDI

No model for softbank

今回の投稿によれば、先日の情報通り、「ドコモ」と「au」から展開され、「ソフトバンク」は扱いがないと判断することができます。詳細は「ここ10年で最高の進化を。「Xperia XZ2 premium」はドコモ「S0-05K」au「SOV38」として5月に登場って話。」をご参照下さい。やはりSONYとしても、Xperia生誕10周年を記念すべきモデルと「Xperia XZ2 premium」にかなり力を入れている可能性が高いと考えることができます。

ただ一部情報によると、「SO-05K」、そして「SOV38」は「Xperia XZ2 tablet」のモデル番号であるとの情報もあります。詳細は「auの悲願。「Xperia XZ2 Pro」か「Xperia XZ2 tablet」が「SOV37」として発表されるかもって話。」をご参照下さい。ただどちらにせよ、auが複数の「Xperia」を同時に扱うことに大きな意義があると考えることができます。

少なくとも「Xperia XZ1」シリーズまで、派生モデルは「ドコモ専売モデル」としての位置付けでした。「Xperia XZ1 Compact」や「Xperia XZ premium」はまさにそうです。逆に今回の情報が正しければ、派生モデル=ドコモ専売モデルの構図が崩れることになり、後々に「Xperia」のSIMフリーモデルの直売がより拡大すると考えることができます。

明らかに、「Xperia」のSIMフリーモデルの展開が拡大していないのは「ドコモ」が障壁となっている可能性が非常に高いので。いよいよ「Xperia XZ2 premium」の登場に現実味が増してきており、先日の情報でも製品ページが準備段階にあるとされています。詳細は「もうまもなく登場へ。「Xperia XZ2 premium」の製品ページがソニーのHPにアップロードされたって話。」をご参照下さい。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧