どこまで期待できるか。「Xperia XZ2 premium」は光学手ぶれ補正をようやく搭載かもって話。

先日の情報からも、次期「Xperia XZ2 premium」がデュアルレンズカメラを搭載する可能性は非常に高いと予測されています。このデュアルレンズカメラのセンサーは「IMX700」になるとされており、「4000万画素」の超高画素化すると予測されています。詳細は「次こそカメラで革命を。「Xperia XZ2 premium」は最高峰「IMX700」を搭載かもって話。」をご参照下さい。

一方で、「Xperia XZ2」のファームウェアから、「Xperia XZ2 premium」のフロントカメラの仕様も判明しており、他にほとんど例がない本体下部のベゼルに搭載され、さらにその画素数は「1300万画素」になると予測されています。詳細は「ついに「Xperia tablet」が復活に?さらに「Xperia XZ2 premium」のフロントカメラの搭載場所が衝撃的って話。」と「なぜ1度劣化した?「Xperia XZ2 premium」のインカメラは「1300万画素」に戻るかもって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、デュアルレンズカメラセンサーに「OIS」が搭載される可能性が高いとの投稿があったので簡単にまとめたいと思います。



ついに搭載かもって話。

 

さて今回投稿されていた内容が以下のようになります。

Three SONY staff say that dual camera model will include OIS…

Now I wonder what would those who think EIS is enough will say….

今回の投稿によると、SONYの関係者3人が、次期デュアルカメラを搭載したモデルは「OIS」、つまり「光学手ブレ補正」を搭載するとしています。まあ正直なところ、「光学式手ぶれ補正」は目新しい技術ではなく、すでに「iPhone」など含めた競合他社のスマートフォンの多くが搭載しています。

次期「Xperia XZ2 premium」の搭載されるカメラは「ISO51200」と、特に暗所における撮影において、最大の威力を発揮する仕様になっています。カメラセンサーの良さを引き出すためにも、「光学式手ぶれ補正」に変更すると考えることもできます。詳細は「「Xperia XZ2 Pro」は「デュアルカメラ」に最大「ISO51200」に対応するかもって話。」をご参照下さい

ただ気になるのは「ISO51200」や「4000万画素」など、そのカメラセンサーのスペックより、細部のノイズや歪みの改善です。現行で発売を開始している「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 premium」では異なるセンサーを搭載されると予測されていることからも、ちょっとは安心できますが、少なくとも「Xperia XZ2」は「ノイズ」や「歪み」がひどいです。詳細は「これこそ完敗。「Xperia XZ2」は「Galaxy S9」よりノイズもひどく歪んでいるって話。」をご参照下さい。

カメラのスペックアップはもちろん魅力的ですが、それよりも細部の改善のほうが、日常使う上で大きな差を実感することができると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧