• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 次期「iPhone」はバナナ型に?湾曲ディスプレイを搭載した次期「iPhone」のレンダリング画像が公開にって話。

次期「iPhone」はバナナ型に?湾曲ディスプレイを搭載した次期「iPhone」のレンダリング画像が公開にって話。

2018年に登場する次期「iPhone」は、全部で4のモデルが登場すると予測されており、その4つすべてのモデルが「Face ID」を搭載すると予測されています。つまり「iPhone X」のデザインにすべてのモデルが共通して採用される可能性が高いと考えることができます。詳細は「今年発表される次期「iPhone」のすべてに「Face ID」を搭載?「iPhone SE2」も?って話。」をご参照下さい。

一方で、いつ登場するか判然としない状況ですが、Appleも「折りたたみ式」の機構を採用した「iPhone」を開発していると予測されており、先日には昔のガラケーを彷彿させるようなレンダリング画像が公開されています。詳細は「「折りたたみ式」を採用した次期「iPhone」のレンダリング画像が公開されたよって話。」をご参照下さい。

さて今回、iDropNewsが湾曲ディスプレイを採用した次期「iPhone」のレンダリング画像を公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


レンダリング画像が公開に。

 

さて今回公開されたレンダリング画像が上記の画像になります。湾曲した「ディスプレイ」というよりかは、本体の形状がかなり「ラウンド形状」になっていることが確認することができます。デザインのベースは「iPhone X」と「iPhone8」を足して2で割った感じに見えます。

ディスプレイは2つあるように見え、キーボードが表示されている部分がサブディスプレイだと考えることができます。このサブディスプレイ部分を使わない時は、本体がスライド式?となっており、覆い隠せるようになっていると考えることができます。あくまでもコンセプト画像のため深く考えても仕方ないのですが、この形状だと、湾曲型のディスプレイを採用しているメリットがあまりあると考えることができません。

強いていうなら、本体がラウンドしていることで、ディスプレイの大きさの割には持ちやすいことでしょうか。一見今回のコンセプト画像はありえないようにも見えますが、先日判明した特許においても、次期「iPhone」がラウンド形状になっていることが判明しています。詳細は「真の「X」へ。Appleはすでに折りたたみ式の「iPhone」を開発中。特許が判明したって話。」をご参照下さい。

今回の情報によると、先日リークしたばかりですが、次期「iPhone」にはタッチしないで操作が可能になる「ジェスチャーコントロール」を搭載し、このメリットを最大限活かすために、縦長のラウンド形状になるとしています。

今回のコンセプト画像を見ても思うのが、やはり折りたたみ式やラウンド形状となると、昔のガラケーのような形状になっていますよね。その当時は気付かなかっただけで、ある意味ガラケーが究極のデザインだったのかもしれませんね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧