日本発売前に早くも。「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」の価格が下落し始めたって話。

先日の情報からも、「Xperia XZ2」はドコモなど大手3社から展開されると予測されており、さらに「Xperia XZ premium」に続きRAM「6GB」を搭載したSIMフリーモデルが展開されると予測されています。詳細は「ドコモ優遇の時代は終結に。「Xperia XZ2」のSIMフリーモデルが国内でも発売かもって話。」をご参照下さい。

一方で、「3月23日」より「台湾」や「香港」、そしてヨーロッパ地域でも順次発売を開始しており、「香港」モデルを扱うExpnasysにおいても「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」の発売を開始しています。詳細は「大事な最初の選択肢。「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 compact」が発売開始したって話。」をご参照下さい。

さて今回ExpansysやEtorenにおいての「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」の価格を確認したところ、発売から約2週間程度ですでに価格の下落が始まっていることが判明したのでまとめたいと思います。



Expansysの価格は?

 

まずExpansysにおいて「Xperia XZ2」の価格を確認して行きたいと思います。上記の画像において本体価格が「8万2015円」となっていることが確認することができます。発売当初が「8万8195円」となっていることからも、早くも6000円程度の値引きになっていることになります。正直なところ「8万8195円」で「Xperia XZ2」を購入した人間からするとちょっと残念な気持ちになります。詳細は「使ってみないと分からないその良さ。「Xperia XZ2」を3日間使って地味に良かった3つのことって話。」をご参照下さい。

ちなみに、本体価格に消費税・関税を加算してみると、約「8万6000円」程度で購入することができます。発売直後の新型「Xperia」が8万円程度で購入できるのは非常に安く感じてしまいます。一方で「Xperia XZ2 Compact」に関しては、まだ「1%」引きで「7万285円」となっています。単純に考えると、やはり「Xperia XZ2 Compact」のほうが人気が高いと考えることができます。

 

Etorenの価格は?

 

同じく「香港」モデルを扱うEtorenの価格も確認したいと思います。ちなみにモデル番号が「H8296」となっていることからもRAM「6GB」となっています。Etorenの場合は、消費税・関税が加算された価格が表示されています。つまり「Xperia XZ2」は「8万2491円」となっています。ただExpansysと異なるのは、本体価格に関係なく、「送料」が加算されるということです。送料込みの価格で「8万4407円」となっています。

一方で「Xperia XZ2 Compact」に関しては「7万2207円」となっています。ちなみに送料込みで「7万4188円」となっています。同じ機種を購入する場合、執筆時点で2つのサイトを比較した場合Etorenのほうが安いことが確認することができます。

日本では未だ発表すらされていない「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」ですが早くも価格の下落が始まっています。特にSIMフリーモデルとキャリアモデルの発売日の差があればあるほど、日本で発売される頃には、SIMフリーモデルのほうが安くなりやすいです。SIMフリーモデルは技適の問題もありますが、ユーザーの利用状況に合わせて、モデルを選ぶのもいいかもしれませんね。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧