• HOME
  • ブログ
  • Pixel
  • 王座奪還なるか。「Google Pixel3」シリーズのレンダリング画像が公開されたって話。

王座奪還なるか。「Google Pixel3」シリーズのレンダリング画像が公開されたって話。

もともと日本国内においても根強い人気があった「Nexus」シリーズですが、Googleは新シリーズと「Pixel」シリーズを発表し、現行の最新機種は2世代目である「Google Pixel2」と「Google Pixel2 XL」が発売されています。

だいぶ前の情報では「Google assistant」が「日本語」に対応したら、日本市場に導入されると予測されていましたが、「Google assistant」が「日本語」に対応したいまでも未だ「Google Pixel」シリーズは展開されていません。

従来の流れからも、毎年10月頃に最新機種が発表される「Google Pixel」シリーズですが、今回、Review.geが早くも「Google Pixel3」シリーズのレンダリング画像を公開していることが判明したのでまとめたいと思います。



レンダリング画像が公開に。

 

さて今回公開されたレンダリング画像が上記の画像になります。現行の「Google Pixel2」シリーズは、スペックに関してはほぼ共通となっていますが、「Google Pixel2 XL」のほうが上位モデルの立ち位置となっており、スリム化したベゼルを採用しています。今回公開されたレンダリング画像も、「Google Pixel2 XL」のデザインがベースになっていると考えることができます。

外観のデザインから判断できる大きな変更点としては、やはり「デュアルレンズカメラ」に対応していることです。歴代の「Google Pixel」シリーズは、有名なカメラの評価サイトであるDxOMarkにおいて、かなり高評価を受けていますが、他者の新型機種が発表されるごとに、その記録が塗り破られています。

ちょっと前においても、「Google Pixel2」が過去最高評価だった一方で、先日発表された「Galaxy S9+」や「Huawei P20 Pro」にその記録を破られています。だからこそ、「Google Pixel3」シリーズではより、カメラ機能を強化してくると考えられます。先日からの情報を考慮すると、今年は、「高画素化」に加え、「低照度」の画質およびノイズの改善がテーマになると考えることができます。詳細は「大きな不具合を乗り越えて。「Xperia XZ2」は今年最高クラスのカメラを搭載しているかもって話。」をご参照下さい。

さらに今回の情報によれば、「ワイヤレス充電」への対応や、よりスリム化した「ベゼル」の採用、そして「Galaxy S9」や「iPhone X」に引けを取らない「虹彩認証」機能を搭載している可能性が高いとしています。

基本スペックに関しては、少なくともRAMが「4GB」あたりで、「snapdragon845」あたりに落ち着くと考えることができます。例年下期に関しては、新型「iPhone」が登場することからも、他者メーカーは苦戦を強いられますが、今年はどのような流れになるのでしょうか。例年と異なるのは「Galaxy Note9」がいつもより早く「7月頃」に発売を開始すると予測されています。詳細は「」をご参照下さい。

一方でSONYは「主力機種」である「Xperia XZ2 premium」を9月に発表すると予測されています。詳細は「2つの「Xperia XZ2」。「Pro」は「6.0インチ」。「 premium」は「5.8インチ」って話。」をご参照下さい。Googleがどのような対抗をしてくるのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧