「Xperia XZ2 premium」に期待することすべてを実現。ベンチマークがリークしたって話。

情報が錯綜していますが、今年の主力機種とされている「Xperia XZ2 Pro」は「6月」、そして「Xperia XZ2 premium」は「9月」に登場すると予測されていますが、一方で先日の情報ではIFA2018で「Xperia XZ3」と「Xperia XZ3 Pro」が発表されると予測されています。詳細は「「XZ2 premium」はどこへ?IFA2018で「Xperia XZ3」と「Xperia XZ3 Pro」が発表かもって話。」をご参照下さい。

SONYは18ヶ月周期で「Xperia」に搭載するカメラセンサーを刷新していますが、下期に登場が予測されている「Xperia XZ2 premium」は最高峰のセンサーである「IMX700」を搭載する可能性があると予測されています。詳細は「次こそカメラで革命を。「Xperia XZ2 premium」は最高峰「IMX700」を搭載かもって話。」をご参照下さい。

さて今回Xperia Blogのコメント欄に「Xperia XZ2 Pro」のベンチマークを撮影したスクリーンショットが投稿されていることが判明し、やはり歴代「Xperia」の中でも最高峰のスペックを搭載している可能性が出てきたのでまとめたいと思います。



ベンチマークがリーク。

 

さて今回投稿されていた「Xperia XZ2 premium」のものとされている「ベンチマーク」が上記の画像になります。まず上記の画像から、「Android8.1」、RAMが「6GB」、ストレージが「128GB」であることが確認することができます。また「snapdragon845」を搭載しており、先日の情報通り、メインカメラの画素数が「4000万画素」となっていることを確認することができます。詳細は「デジカメなんていらない。「Xperia XZ2 premium」は4000万画素のデュアルレンズカメラを搭載へって話。」をご参照ください。

またあまりインカメラの情報はないのですが、今回の画像においては「1200万画素」となっています。「Xperia XZ2」や「Xperia XZ2 Compact」では「500万画素」とかなり低画素化しましたが、「Xperia XZ2 premium」ではまた「Xperia XZ premium」時代と同水準に戻るということなのでしょうか。

先日の情報では、「Xperia XZ2 premium」のインカメラは本体下部のベゼルに移動するとの情報もあります。詳細は「ついに「Xperia tablet」が復活に?さらに「Xperia XZ2 premium」のフロントカメラの搭載場所が衝撃的って話。」をご参照ください。そして最後に「ディスプレイ」サイズが「5.9インチ」で、「表示解像度」がなぜか「2K」になっています。

この時点で、今回リークしたベンチマークの信ぴょう性が欠けると判断してしまいます。また搭載OSが「Android8.1」となっていますが、先日の情報では「Android9.0」を搭載する可能性があると予測されています。詳細は「「Xperia XZ2 Pro」はどうなる?「Xperia XZ2 premium」は「Android9.0」を搭載して9月に発表へって話。」をご参照下さい。

今回投稿されていたベンチマークの画像自体の出所が全く判然としないため、あくまでも今回の情報は鵜呑みにしないほうが無難です。でもこのようなスペックになってくれればバカ売れ間違いないと考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧