いろんな意味で終焉。「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」は「液晶」を搭載した最後のハイエンドモデルだって話。

MWC2018で発表、そして先日より発売を開始している「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」ですが、新デザイン「アンビエントフロー」を採用するなど、フルモデルチェンジが敢行されています。しかしながら、それでも今年の主力機種ではないと予測されています。詳細は「「Xperia XZ2」は前座に?やはり「Xperia XZ2 Pro」は「6月」に登場かもって話。」をご参照下さい。

一方で「Xperia XZ2 Compact」はコンパクトモデルとして初めて「FHD」の表示解像度に対応し、特にディスプレイの明るさの面では歴代「Xperia」の中でも最高クラスのNit数に対応していることが判明しています。詳細は「よくぞここまで進化した。「Xperia XZ2 Compact」のディスプレイは歴代Xperiaの中で最高の明るさを持つって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「液晶」を搭載するハイエンドモデルは「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」が最後になり、今後登場する次期「Xperia」のハイエンドモデルは「有機ELディスプレイ」を搭載するとの投稿が判明したのでまとめたいと思います。



最後の「液晶」搭載モデルに。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

Zackbuks posted that XZ2 might be last 18:9 LCD.
The future phones can be 18:9 oled, lcd 16:9 .

Midranges keep lcd

今回の投稿によれば、「アスペクト比18:9」かつ「液晶」を採用したディスプレイを搭載する機種は「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」が最後の可能性が高いとしています。一方で今後登場する次期「Xperia」においては、ハイエンドモデルが「アスペクト比18:9/OLED」で、ミドルレンジモデルが「アスペクト比16:9/LCD」になるとしています。

確かに「有機ELディスプレイ」が次期「Xperia」、特に直近であれば「Xperia XZ2 premium」もしくは「Xperia XZ2 Pro」に搭載される可能性が高いと予測されています。詳細は「次期「Xperia」で「有機ELディスプレイ」採用確定?生産準備はできているって話。」をご参照下さい。

一方で先日までの情報と今回の情報で矛盾点もあります。まず「ミドルレンジモデル」はアスペクト比16:9を採用するとしていますが、先日リークした「Xperia XA2 Plus」とされる機種のアスペクト比は「18:9」だとされています。詳細は「「Xperia XA1 Plus」の後継機種?ついにミドルレンジモデルにも「アスペクト比18:9」を採用かもって話。」をご参照下さい。

また別々の機種として存在していると予測されている「Xperia XZ2 premium」と「Xperia XZ2 Pro」ですが、「Xperia XZ2 Pro」に関してはアスペクト比「16:9」が採用されており、イヤホンジャックも復活している可能性があると予測されています。詳細は「似ているようで似ていない存在へ。「Xperia XZ2 Pro/ premium」は今年最高の「Xperia」になるかもって話。」をご参照下さい。

先日までの情報が間違っているのか、それとも今回の情報が間違っているのか判然としませんが、少なくとも矛盾を抱えているのは間違いありません。ただ今後「有機ELディスプレイ」の搭載はほぼ間違いないと考えられますが、今までのようなちょっと安めの価格で購入できるのは難しくなる可能性が高いと考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧