「Galaxy S9」のせいだって。「Galaxy Note9」は7月に発売開始かもって話。

「Galaxy Note7」の炎上騒ぎ以降、何事の問題もなく世代を重ねてきた「Galaxy 」シリーズですが、先日の情報では「Galaxy S9+」に使用されているバッテリーと「Galaxy Note7」のバッテリーの仕様が同じであることが判明しています。詳細は「爆発はしないよね?「Galaxy S9+」と「Galaxy Note7」が同じバッテリーを搭載してるって話。」をご参照下さい。

バッテリーに関して、何事も起きてはなく、さすがに安全面に関しては大丈夫だと判断することができますが、一方で「電池持ち」に関しては、「Galaxy S8」シリーズより大幅に悪化していることも判明しています。詳細は「退化の1つ?「Galaxy S9」シリーズは「Galaxy S8」シリーズより電池持ちが悪いって話。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、IFA2018に発表が予測されている「Galaxy Note9」は「Galaxy S9」の販売不調のせいか、例年よりかなり早く7月に発売開始する可能性があると報告しているのでまとめたいと思います。



7月に発売開始かも。

 

韓国の投資家によると、4月から6月におけるSamsungディスプレイの「有機ELディスプレイ」の生産量が増加が大幅に増加することからも、「Galaxy Note9」が例年より早く「7月」頃に発売を開始すると予測しています。爆発的なヒットになった「Galaxy S8」シリーズとは対照的に「Galaxy S9」シリーズの販売はあまり好調ではないとされおり、少しでも売り上げを立てたいことからも、早まきで「Galaxy Note9」が登場するとしています。

また今回の情報では、「Galaxy Note9」のディスプレイサイズは「6.32インチ」から「6.38インチ」と、現行の「Galaxy Note8」よりは大きくなりますが、ベゼルのスリム化によるもので、ほとんど変わらないと考えてもおかしくはありません。また「ディスプレイ統合型指紋センサー」は搭載されないとしています。

しかしながら先日の情報では、3月中に仕様を決定することができれば、「Galaxy Note9」に搭載される可能性があると予測されています。詳細は「急いで決めて。結局「Galaxy Note9」にはディスプレイ統合型指紋センサーの搭載が間に合うかもって話。」をご参照下さい。また先日には「Galaxy Note9」のベンチマークが早くもリークしており、この時期に判明することからも、発売自体が早まきになっている可能性があると予測しています。詳細は「ついに存在が明らかに。「Galaxy Note9」のベンチマークがリークしたって話。」をご参照下さい。

従来の流れであればIFAの時期にプレカンファレンスを開催し、新機種を発表してきましたが、今回の情報が正しければ、「6月」もしくは「7月」にSamsungが単独でイベントを開催すると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧