• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • アップデートの遅さは相変わらず。「Galaxy Note8」に「Android8.0」の配信が開始したって話。

アップデートの遅さは相変わらず。「Galaxy Note8」に「Android8.0」の配信が開始したって話。

世界各地でいよいよ発売が開始となった「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」ですが、先日のバッテリーテストの結果からも前モデルである「Galaxy S8」や「Galaxy S8+」より大幅に電池持ちが悪化していることが判明しています。詳細は「退化の1つ?「Galaxy S9」シリーズは「Galaxy S8」シリーズより電池持ちが悪いって話。」をご参照下さい。

この電池持ちの劣化の原因は搭載CPUに原因があるとされており、日本で発売されるモデルは「snapdragon845」を搭載していることからもほぼ関係ない可能性があるとしています。詳細は「日本発売モデルには関係ない?「Galaxy S9」の深刻な電池持ちの悪さの原因が判明したって話。」をご参照下さい。

さて今回、Phone Arenaによると「Galaxy S9」と「Galaxy S9」の影に隠れて薄くなっている「Galaxy Note8」ですが、ようやく「Android8.0」の配信が開始されたことが判明したので簡単にまとめたいと思います。



ようやく配信開始。

 

さて今回の情報によると、ようやくアメリカでは「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」への「Android8.0」のアップデートの配信が始まった一方で、多くの国では「Galaxy Note8」へのアップデートの配信が開始されたとしています。つまり「アメリカ」ではまだ配信が開始されていないということになります。

今回のアップデートによって、「虹彩認証」や「指紋認証」など「生体認証」のセキュリティーの強化や、クイックパネルやキーボード機能の改善など、多くの変更点があるとしています。一方でアップデートの容量は「1.5GB」とされており、その容量は地味に大きいです。

また最新のセキュリティパッチも包括されているとしています。「Galaxy S8」シリーズへのアップデートが遅すぎたのか、それとも「Galaxy Note8」のアップデートが早かったのか判然としませんが、やはり全体的に見れば、「Galaxy」シリーズのアップデートは他の競合機種と比較してもかなり遅いです。

「Galaxy Note8」がようやく足並みを揃えた一方で、早くも次期モデルである「Galaxy Note9」の情報で持ちきりで、いよいよ「ディスプレイ統合型指紋センサー」が搭載される可能性があると予測されています。詳細は「急いで決めて。結局「Galaxy Note9」にはディスプレイ統合型指紋センサーの搭載が間に合うかもって話。」をご参照下さい。

また「トリプルカメラ」を搭載するとの情報もあります。詳細は「どのようなメリットが?「Galaxy Note9」はトリプルカメラが搭載されるかもって話。」をご参照下さい。最新機能がてんこ盛りになる可能性が高いですが、搭載OSに関しては「Android8.0」になりそうですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧