• HOME
  • ブログ
  • Xperia XZ2 compact
  • よくぞここまで進化した。「Xperia XZ2 Compact」のディスプレイは歴代Xperiaの中で最高の明るさを持つって話。

よくぞここまで進化した。「Xperia XZ2 Compact」のディスプレイは歴代Xperiaの中で最高の明るさを持つって話。

長らく歴代「Xperia」の中でも「コンパクト」モデルのほうが「電池持ち」が良いとされてきており、バッテリーテストでもかなり高スコアを記録していましたが、最新の「Xperia XZ2 Compact」のバッテリーテストの結果は歴代コンパクトモデルと比較すると悲惨のものになっていることが判明しています。詳細は「歴代コンパクトモデルで最低クラスに。「Xperia XZ2 compact」の新たなバッテリーテストの結果が公開にって話。」をご参照下さい。

一方で先日公開されたレビュー記事によると、「Xperia XZ2 Compact」のベンチマークはandroidスマートフォンの中でも過去最高クラスのスコアを記録していることが判明しています。詳細は「劣っていると言わせない。「Xperia XZ2 compact」は上期最高クラスのベンチマークを記録したって話。」をご参照ください。

さて今回Phone Arenaがディスプレイのテスト結果を公開しており、「Xperia XZ2 Compact」が歴代「Xperia」の中でも最高クラスの明るさも持っていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



最高クラスの明るさを。

 

さて今回公開された「ディスプレイ」テストの結果が上記の画像になります。また歴代「Xperia」の一部の機種も追加してあります。上記の画像からも「Xperia XZ2 Compact」が「746nits」と最高のスコアを記録していることを確認することができます。

画面密度と「画面光度」では単純な比較できませんが、「有機ELディスプレイ」を搭載している「Galaxy S9」や「iPhone X」よりも「Nit」数は高く、少なくとも画面が綺麗に見えるかどうかは別の話として、「Xperia XZ2 Compact」の方が明るく見やすいと考えることができます。

ただ上記の結果を見ると、「Xperia XZ2 Compact」から表示解像度が「FHD」になったこともあり、コントラストのバランスや「色温度」なども、非常にバランスがとれていることが確認することができます。正直「ディスプレイ」が大きなデメリットであった「コンパクト」モデルですが、むしろ大きな「メリット」に変わりました。

そして恐ろしいのが神機「Xperia Z3」です。2014年頃に発売された機種にも関わらず、今回のディスプレイテストや、先日のバッテリーテストでも優秀な結果を残しています。詳細は「神機「Xperia Z3」には勝利。けど「Xperia XZ2」の電池持ちはぱっとしないって話。」をご参照下さい。

電池持ちは「コンパクト」モデルの中では、大幅に遅れをとっている「Xperia XZ2 Compact」ですが、少なくとも「ベンチマーク」つまり、基本性能、そしてディスプレイは歴代「Xperia」の中でも最高クラスとなっています。これであれば「電池持ち」が悪化したのも納得できます。

一方で先日の情報では、「主力機種」と同じCPUを搭載するコンパクトモデルは「Xperia XZ2 Compact」になると予測されています。詳細は「終焉へ。「Xperia XZ2 compact」は最後のハイエンドコンパクトモデルになるかもって話。」をご参照下さい。今後の動向に要注目です。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧