• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • あいた穴を早くふさいで。「Xperia XZ2 Pro」のコードネームが欠番しているって話。

あいた穴を早くふさいで。「Xperia XZ2 Pro」のコードネームが欠番しているって話。

2018年に発表される新型「Xperia」の中で、主力機種になると予測されている「Xperia XZ2 Pro」ですが、「Xperia XZ2」でRAM「6GB」モデルが存在していることからも、先日の情報ではRAM「8GB」を搭載している可能性があると予測されています。詳細は「「X」シリーズ最後のモデル。RAM「8GB」搭載した「Xperia XZ2 premium」のレンダリング画像が公開って話。」をご参照下さい。

ただ全体的には、かなり情報が情報が錯綜していることに違いはなく、アスペクト比が「18:9」を採用するとの情報もあれば、「16:9」を採用するとの情報もあり、さらに「Xperia XZ2」と同じデザインを採用するとの情報もあれば、異なるデザインを採用するとの情報もあります。詳細は「大きな副産物を抱えたまま?「Xperia XZ2 Pro」は「Xperia XZ2」と同じアンビエントフローを採用って話。」をご参照下さい。

さて今回、発表が急遽キャンセルされたとしている「Xperia XZ2 Pro」のコードネームが欠番となっていることが判明したのでまとめたいと思います。


ちょっと違和感が。

 

さて先日の情報では、「Xperia XA2 Plus」のコードネームが判明しています。詳細は「」をご参照下さい。その上で、直近の「Xperia」のコードネームを調べたところ以下のようになります。

  • Xperia XZ2:PF22
  • Xperia XZ2 Compact:PF32
  • Xperia XA2:SM12
  • Xperia XA2 Ultra:SM22
  • Xperia L2:SM32
  • Xperia XA2 Plus:SM42(未発表)

歴代「Xperia」のコードネームはAndro Plusにかなり分かりやすくまとめられているので、興味がある方がぜひご参照下さい。直近の「Xperia」のコードネームを確認する限り、「PF」が「ハイエンドモデル」で、「SM」が「ミドルレンジモデル」になっていると考えることができます。

ただ、ハイエンドモデルに関しては違和感があり、「PM12」が存在していません。ちなみに「Xperia XZ premium」は「PM12」であり、さらに「Xperia XA2」が「SM12」であることを考えれば、「PM12」のモデルが存在していないのはちょっとおかしく、長らく噂されている「Xperia XZ2 Pro」が「PM12」と考えるのが妥当です。

このことからも、少なくとも「2018年」中には「Xperia XZ2 Pro」が発表される可能性は非常に高いと考えることができます。先日の情報では、いつ発表されてもおかしくない状況にあるとされています。詳細は「IFA2018まで待つ必要はない?「Xperia XZ2 Pro」はまもなく登場するかもって話。」をご参照下さい。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧