• HOME
  • ブログ
  • Beats , iPhone
  • Apple初の純正ワイヤレスオーバーヘッドフォンは「デジタルノイズキャンセリング」に対応かもって話。

Apple初の純正ワイヤレスオーバーヘッドフォンは「デジタルノイズキャンセリング」に対応かもって話。

先日までの情報では、「MacBook」や「iPad」の主力製品のアップデートに加え、さらに「6月」頃には「iPhone SE2」が登場すると予測されています。詳細は「かなり高価格に?「iPhone SE2」は6月のWWDCで発表で7万円程度になるって話。」をご参照下さい。

一方で関連アクセサリーも次々と登場するとされており、ワイヤレス充電の「Air Power」や、ワイヤレス充電に対応した「Air Pods」なども次々に発売を開始すると予測されています。詳細は「怒涛の新製品ラッシュ?次期「Apple Pencil」と「iPhone8 Plus」にレッドモデルが登場かもって話。」をご参照下さい。

さて今回MacRumorsによると、Appleは「Air Pods」の次となる、純正のワイヤレスオーバーヘッドフォンを開発していると報告していることが判明したのでまとめたいと思います。



第2のワイヤレス純正品。

 

さて今回の情報は、Apple関連のリーク情報で定評のあるKGI証券の Ming-Chi Kuo氏によるもので、Appleは「ハイエンド」の純正「オーバーヘッドフォン」を開発していると報告しています。また早ければ、今年の第4四半期に発売を開始すると報告しています。

価格に関しては、少なくとも「Air Pods」よりは高くなるとしていますが、詳細な価格設定などは判然としない状況にあります。一方でBloombergも、Appleが純正の「オーバーヘッドフォン」を開発していることを報告しており、「Bose」などのトップブランドと競合できる「ハイエンド」仕様になっているとしています。

またこの情報では「デジタルノイズキャンセリング」に対応しているとしてます。だいぶ前の情報では「Beats X」のような首かけスタイルの純正イヤホンを開発しているとされていましたが、今回の情報によると、約1年前から開発を開始しており、複数のスタイルのものを開発している可能性が高いと考えることができます。

ただ、開発で課題に直面しており、最悪の場合は発売が延期される可能性があると報告しています。今年の下期といえば、「Air Pods」の新型も登場すると予測されています。詳細は「「耐水」に「Hey Siri」に対応した「Air Pods」が今年後半に登場かもって話。」をご参照下さい。

このことからも、下期に純正アクセサリーをさらに強化してくるのか、それとも発売時期がずれてしまうのか非常に気になるところです。Appleとしては「Beats」の兼ね合いもあるため、価格設定も高くもなく、安くもない、絶妙なところをついてきそうです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧