• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 早くも。次期「iPhone X Plus」のディスプレイの画像がリークしたって話。

早くも。次期「iPhone X Plus」のディスプレイの画像がリークしたって話。

昨年末からの情報として、2018年に発表される次期「iPhone」は「有機ELディスプレイ」を搭載した「5.8インチ」と「6.5インチ」モデル、そして「液晶」を搭載した「6.1インチ」モデルが登場すると予測されていましたが、先日の情報では「iPhone X」の販売不振を受けてか、この計画が変更されたとしています。詳細は「「iPhone X」の販売不調が原因に。Appleが次期「iPhone」の計画を変更したって話。」をご参照下さい。

この情報によると、「6.5インチ」モデルのみが「有機ELディスプレイ」を搭載すると予測されていますが、今回MacRumorsによると、この「6.5インチ」モデルの「ディスプレイ」の画像がリークしたことを報告しているのでまとめたいと思います。



早くも画像がリーク。

 

さて今回リークした画像が上記の画像になります。ディスプレイ上部には「iPhone X」と同じく「ノッチ」部分を確認することができます。つまり事前情報と同じく、「Face ID」を搭載する可能性が非常に高いと考えることができます。

一方で先日の情報では、「iPhone X」の後継機種は「ノッチ」部分がより小さくなっている可能性があるとされています。つまりこの「6.5インチ」モデルと、「5.8インチ」モデルの「ノッチ」部分の大きさはイコールではないと考えることができます。

また今回の情報では「デジタイザ」の画像もリークしており、少なくとも「iPhone X」のものと形状が異なるとされています。さらに先日の情報では「LG」製の「有機ELディスプレイ」を搭載すると予測されていますが、今回の情報でも「LG」製のものである可能性が高いとしています。詳細は「俗称「iPhone X Plus」のサプライヤーは「LG」になるかもって話。」をご参照下さい。

少なくともこの「6.5インチ」モデルが発売されれば、現行で発売されている機種の中でも最大級のディスプレイを搭載することになります。「6.5インチ」モデルは、俗称「iPhone X Plus」と呼ばれていますが、先日の情報では早くて夏頃には「iPhone X」の生産が終了すると予測されています。詳細は「短命。「iPhone X」は夏頃に生産中止になるって話。」をご参照下さい。

このことからも、名称は少なくとも「iPhone X Plus」ではないと考えることができます。単純に「iPhone8s」なのか、それとも「iPhone9」になるのか、名称含めて非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧