• HOME
  • ブログ
  • Xperia XZ2
  • アジア限定?日本ではどちらのモデルが?「Xperia XZ2」にはRAM「6GB」が存在していることが判明したって話。

アジア限定?日本ではどちらのモデルが?「Xperia XZ2」にはRAM「6GB」が存在していることが判明したって話。

「Xperia Z」シリーズ以来の大幅なデザイン変更となった「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 compact」ですが、特に「Xperia XZ2」に関しては、材質に「ガラス」の採用や、「ワイヤレス充電」への対応など、「Xperia XZ premium」の後継機種ではないにしろ、「プレミアム仕様」になっています。詳細は「プレミアムモデルではないのに高級感が。「Xperia XZ2」がついに登場したって話。」をご参照下さい。

一方で同時に発表された「Xperia XZ2 compact」もディスプレイが特に大幅な進化をしており、「Xperia XZ2」と同様に「FHD HDR」に対応しています。詳細は「コンパクトモデルの宿命?結局「Xperia XZ2 compact」は「Xperia XZ2」の劣化版なのかって話。」をご参照下さい。

今回海外投稿フォーラムESATOにおいて、「Xperia XZ2」は複数のモデルが存在しているとの投稿があったのでまとめたいと思います。



RAMが「6GB」モデル。

 

さて今回の情報によると「Xperia XZ2」はRAMが「6GB」のモデルが存在していると報告しており、上記の画像はSONYモバイル台湾の「Xperia XZ2」のページですが、RAMの部分が「6GB」になっていることを確認することができます。SONYにとっても「台湾」は優先度が高い国になりますが、同様に優先度が高い「イギリス」のページを見る限りではRAMが「4GB」となっています。

またこの画像を確認する限り、「Galaxy S9」シリーズのように、RAMが異なるモデルを選択できるわけではなく、少なくとも台湾国内で発売される「Xperia XZ2」はRAM「6GB」モデルのみが発売されると考えることができます。ちなみに「Xperia XZ2 compact」は同じページでもRAM「4GB」となっていることからも、RAM「6GB」は存在していない可能性が高いと判断することができます。

先日までの情報では「Xperia XZ2」の本体価格は「10万円」を超えるとされています。詳細は「魅力半減。「Xperia XZ2」はイヤホンジャックは廃止。価格は10万円超って話。」をご参照下さい。今までの価格に関する情報はスウェーデンやドイツなどの国内価格となっており、それらの国で発売されるのはRAMが「4GB」のモデルになります。

台湾で発売されるRAM「6GB」モデルは「4GB」モデルより価格が高くなるのか、それともほぼ同一価格で発売されるのか非常にきになります。また日本国内での展開もほぼ確定しています。詳細は「そうだよね。「Xperia XZ2 compact」はドコモ専売になることがNetflixの対象機種ページから判明したって話。」をご参照下さい。

日本国内モデルはRAMが「6GB」になるのか非常に気になります。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧