• HOME
  • ブログ
  • Xperia XZ2
  • SONYのティザー動画は「Xperia XZ2」シリーズの表示解像度を意味しているかもって話。

SONYのティザー動画は「Xperia XZ2」シリーズの表示解像度を意味しているかもって話。

SONYは日本時間の2月26日の16時30分からイベントを開催する予定ですが、先日には初めてティザー動画が公開されました。詳細は「次期「Xperia XZ2 Pro」は「ARC」デザインを。SONYがMWC2018のトレイラーを公開したって話。」をご参照下さい。

事前情報では、「Xperia XZ2 Pro」を筆頭に「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 compact」の3モデルが発表されると予測されていましたが、直近の情報では、「Xperia XZ2 Pro」の発表はされないと予測されています。詳細は「まさかの?MWC2018でSONYは「Xperia XZ2 Pro」を発表する予定はもともとなかったかもって話。」をご参照下さい。

さて今回、海外の投稿フォーラムのESATOにおいて、先日公開されたティザー動画は、「Xperia XZ2」シリーズの表示解像度を示唆している可能性があると投稿されていることが判明したのでまとめたいと思います。



「表示解像度」を示唆。

 

まず先日公開されたティザー動画が以下のようになります。

最後のほうで数字が表示されるのですが、この表示の順番が暗号化されているのではないかとされており、今回投稿されたのが以下の文章になります。

□□26022018

ⅤⅡⅢⅢⅡⅧ○○○✔
ⅤⅦⅡⅢⅢⅡⅧ○○○✔

ⅤⅧⅧⅡⅨⅣⅣ○○○❌

正直なところほぼ何を意味しているのか判然としません。単純に考えれば、表示されている数字や文字をギリシャ数字で表しているものだと考えてしまいます。そしてこれを解読すると以下のようになります。

ⅤⅡⅢⅢⅡⅧ○○○ -> 52332800
5 -> 5″ screen, 2332800 -> 2160×1080 resolution

ⅤⅦⅡⅢⅢⅡⅧ○○○ -> 572332800
57 -> 5.7″ screen, 2332800 -> 2160×1080 resolution

ⅤⅧⅧⅡⅨⅣⅣ○○○ -> 588294400
58 -> 5.8″ screen, 8294400 -> 3840×2160 resolution

単純に考えると、上から「5.0インチ」の「FHD」の表示解像度に対応した「Xperia XZ2 compact」、「5.7インチ」の「FHD」の表示解像度に対応した「Xperia XZ2」、そして「5.8インチ」の「4K」の表示解像度に対応した「Xperia XZ2 Pro」と考えることができます。

また先日リークした「Xperia XZ2」シリーズのスペックともほぼ一致しています。詳細は「「Xperia XZ2 Pro」は発表されず?「Xperia XZ2」が「5.7インチ」のディスプレイを搭載しているって話。」をご参照下さい。さらに「Xperia XZ2 Pro」の部分だけ「×」と書いてあります。

これは「Xperia XZ2 Pro」が発表されないことを示唆しているのでしょうか。単純に今回の暗号が、SONYが意図したものか、それともESATOのユーザーがティザー動画を元に作成した暗号なのか正直判然としません。仮にこの暗号をSONYが意図して作ったものであるならば、ほとんどのユーザーはこの意図にたどり着くことはないように思えます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧