• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「折りたたみ式」を採用した次期「iPhone」のレンダリング画像が公開されたよって話。

「折りたたみ式」を採用した次期「iPhone」のレンダリング画像が公開されたよって話。

直近の情報においては今年の年末にまず「Galaxy X」を早ければ発売すると予測されています。詳細は「やはり。「Galaxy X」はCES2018で関係者のみに公開されたって話。」をご参照下さい。

フレキシブルディスプレイの発表後から、いち早く「折りたたみ式」の端末を開発していましたが、先日にはSONYも同様の端末を開発していると予測されています。詳細は「SONYが次期「Xperia」に折りたたみ式モデルを追加するかもって話。」をご参照下さい。

このように一部「Androidメーカー」を中心に「折りたたみ式」のデバイスの開発が盛り上がっていますが、一方Appleも同様の端末を開発していると予測されています。今回Concept Phonesが、「折りたたみ式」を採用した次期「iPhone」のレンダリング画像を公開したのでまとめたいと思います。



レンダリング画像が公開に。

 

正直なところAppleが「折りたたみ式」の次期「iPhone」を開発しているとの情報はありますが、それ以外の情報はほとんどないのが現状で、その上作成されたレンダリング画像だとして見ていきたいと思います。まず上記の画像では、「縦型」の折りたたみ式を採用していること確認することができます。

少なくとも「Galaxy X」のような「横型」を採用していません。ちなみに「Galaxy X」のレンダリング画像は以下のようになります。

「横型」のほうが、「ディスプレイ」を見開きにできることからも「大画面」で使うことができます。

ただ上記の画像を見る限りは「ディスプレイ」が「3面」あることになります。「Galaxy X」のように「ディスプレイ」の大きさはありませんが、利便性は非常に向上していると考えることができます。一応内側には「Face ID」の搭載も確認することができます。

まさに今のスマーオフォンの良さと「ガラケー」の良さを融合した、今回のレンダリング画像になりますが個人的にはありなデザインだと感じます。ただもちろん、「折りたたみ式」がいつ登場するのか情報はなく、早くても2019年以降になると考えることができます。

先日までの情報では、次期「iPhone」は「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載させると予測されており、つまり「Touch ID」が復活する可能性があると予測されています。詳細は地味に嬉しい。2019年に登場する次期「iPhone」は「Touch ID」が復活するかもって話。をご参照下さい。

「iPhone X」のデザインをベースとして、今後10年、Appleがどのように「iPhone」を進化させていくのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧