• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • MWC2018ではエンタメ性を強化?やはり「Xperia XZ2 Pro」と「Xperia XZ2 compact」が発表予定だったって話。

MWC2018ではエンタメ性を強化?やはり「Xperia XZ2 Pro」と「Xperia XZ2 compact」が発表予定だったって話。

今年に入ってからの情報をまとめてみると、MWC2018で発表が予測されている次期「Xperia」は「Xperia XZ2 Pro」を筆頭とした「Xperia XZ2」シリーズの3モデル構成になると予測されており、スペックもリークしていました。詳細は「次期「Xperia XZ Pro」と「Xperia XZ2」シリーズのスペックをまとめてみたって話。」をご参照下さい。

一方で突如「Xperia XZ2 Pro」の発表が延期されると予測されており、その要因としては一度廃止が決定した「イヤホンジャック」の仕様の変更にあると予測されています。詳細は「「Xperia XZ2 Pro」の発表延期。イヤホンジャック復活のためかもって話。」をご参照下さい。

さて今回経済日報によると、MWC2018で登場する次期「Xperia」はやはり「Xperia XZ2 Pro」と「Xperia XZ2 compact」になると報告しているのでまとめたいと思います。



エンタメ性の強化に。

 

さて今回の情報によると、SONYはMWC2018に発表する次期「Xperia」のテーマを「エンタメ性」としていることが判明したとしています。今回の情報は、SONYモバイル台湾のゼネラルマネージャーのエディ・ラム氏の発言によって判明したとしています。

今回テーマとなっている「エンターテイメント」は、そのままの意味で、「音楽」・「動画」、そして「ゲーム」を強化するとしており、そのためにも世界初の「4K 有機ELディスプレイ」を搭載した「Xperia XZ2 Pro」の発表などに力を入れていたと考えることができます。

ちなみに、次期「Xperia」では世界初の3つの新機能が搭載されると予測されています。詳細は「俗称「Xperia XZ1 premium」は世界初の3つの新機能を搭載かもって話。」をご参照下さい。今回の情報を考慮すれば、「エンターテイメント」機能を強化するため、新機能が搭載されていると考えたほうが無難とも言えます。

ただ今回の情報源は「2月5日」のものとなっており、「Xperia XZ2 Pro」のFCCが取り下げられたのが「2月7日」だと判明しています。このことからも、SONYも急遽予定を変更したと考えることができます。単純にイヤホンジャックの搭載の有無の話だけではないような感じもします。

何より「エンターテイメント」で「音楽」としている以上、「ハイレゾ」は必須になってきます。逆に言えば「ハイレゾ」あたりで何か不具合でもあったのでしょうかね。

このまま「Xperia XZ2 Pro」は発表が延期されてしまうのか、それとも先日の情報のように、「イヤホンジャック」を搭載した「プロトタイプ」で再度FCCの認証をかけるのか非常に気になります。詳細は「絶望から希望へ。「Xperia XZ2 Pro」は複数のプロトタイプが存在し、近日中にFCCを通過するかもって話。」をご参照下さい。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧