• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • エンタメの強化は端末として?SONYはMWC2018で「Xperia XZ2 Play」でも発表?って話。

エンタメの強化は端末として?SONYはMWC2018で「Xperia XZ2 Play」でも発表?って話。

事前情報の予測では、SONYは「Xperia XZ2 Pro」を含めた「Xperia XZ2」シリーズが発表されると予測されていました。詳細は「「XZ」の終焉?MWC2018では「Xperia XZ Pro」と「Xperia XZ2」シリーズを発表かもって話。」をご参照下さい。

ただ「Xperia XZ2 Pro」は「イヤホンジャック」が原因とした「デザイン変更」を理由としてFCCの認証が取り下げられ、MWC2018で発表される可能性は非常に低いとされています。詳細は「「Xperia XZ2 Pro」の発表延期。イヤホンジャック復活のためかもって話。」をご参照下さい。

一方で、今年の次期「Xperia」のテーマは「エンターテイメント」とされており、既存技術の強化になると予測されていますが、今回ePriceによると、「エンターテイメント」を端末に反映している可能性があると報告しているのでまとめたいと思います。先日の情報は「MWC2018ではエンタメ性を強化?やはり「Xperia XZ2 Pro」と「Xperia XZ2 compact」が発表予定だったって話。」をご参照下さい。



「エンターテイメント」?

 

先日の情報では、次期「Xperia」のテーマとして「エンターテイメント」を採用するとされています。詳細は「」をご参照下さい。この情報によれば「音楽」や「動画」などを強化するとされています。単純に考えれば、「音楽」であれば「ハイレゾ」の強化や「ステレオスピーカー」の強化などが考えられます。

また「動画」でいえば、世界初の「4K 有機ELディスプレイ」の搭載などを予測することができ、次期「Xperia」には3つの世界初の新機能が搭載されていると予測されていますが、そのほとんどは「エンターテイメント」に関係したものと考えることができます。詳細は「俗称「Xperia XZ1 premium」は世界初の3つの新機能を搭載かもって話。」をご参照下さい。

しかしながら今回の情報によれば、極端な話、「Xperia Play」のような「エンタメ性」に特化した仕様になる可能性があるとしながらも、「Xperia Play」のような失敗を繰り返さないためにもそこまで振り切れた仕様にはなっていないとしています。少なくとも「ゲーム」を特色にした仕様にはなっていとしています。

今回の情報は、前回の情報と「エンターテイメント」の解釈による違いであるとも考えることができます。つまり「エンターテイメント」を「機能」に反映させるのか、そもそも「本体」に反映させるのか違いです。

ただ詳細は判然としませんが、直近で「FCC」を通過している「Xperia XZ2」や「Xperia XZ2 compact」は「ベゼルレスデザイン」の採用など細部の違いはあっても、本体の全体像としては従来の「Xperia」を引き継いでいると考えることができます。詳細は「「Xperia XZ2」がFCC通過?さらに「6.0インチ」のディスプレイを搭載かもって話。」や「「Xperia XZ2 Compact」がFCCを通過?MWC2018で発表なのかって話。」をご参照下さい。

個人的には、「機能」の強化なると考えてしまいます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧