• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 絶望から希望へ。「Xperia XZ2 Pro」は複数のプロトタイプが存在し、近日中にFCCを通過するかもって話。

絶望から希望へ。「Xperia XZ2 Pro」は複数のプロトタイプが存在し、近日中にFCCを通過するかもって話。

先日のFCCの通過情報からも、次期「Xperia XZ2 Pro」は「iPhone X」のようにイヤホンジャックが廃止されると予測されており、さらにFCCの通過のタイミングからもMWC2018で発表される可能性が高いと予測されていました。詳細は「「Xperia XZ Pro」はSIMトレイの場所が移動。イヤホンジャックは?って話。」をご参照下さい。

さらに直近においても、新たなベンチマークがリークし、長らく「Xperia XZ Pro」と予測されてきた名称が、正式には「Xperia XZ2 Pro」になるとも予測されています。詳細は「正式名称は「Xperia XZ2 Pro」?新たなベンチマーク判明で「ベゼルレスデザイン」採用確定かもって話。」をご参照下さい。

しかしながら先日には突如このFCCの認証が取り下げられMWC2018での発表が絶望的な状態となっています。詳細は「期待から絶望へ。「Xperia XZ2 Pro」はデザイン変更で発表延期されるかもって話。」をご参照下さい。

今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「Xperia XZ2 Pro」は複数のプロトタイプが存在しており、そのプロタイプを変更しただけとの投稿があったのでまとめたいと思います。



複数のプロトタイプ。

 

さて今回の投稿内容が以下のようになります。

Sony had a few late prototypes for the new Premium and they opted for a different prototype (as a retail unit) last minute. In that case, a new Premium should appear at FCC in a few days. It might as well have something to do with in screen fingerprint scanner like Moe suggested.

今回の投稿によると、SONYは「Xperia XZ2 Pro」において複数のプロトタイプを開発していたとしており、今回FCCの認証を取り下げたのは、異なるタイプのプロトタイプを選択したためとしています。さらにもう間も無くFCCを通過させる可能性があるとしています。

また「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載しているタイプのプロトタイプを選択した可能性もあるとしています。今回の投稿内容が正しければ、予定通りMWC2018で発表される可能性が高いと予測することができます。複数のプロトタイプという言葉を聞くと、「iPhone X」が正式発表される前のことを思いだします。

確かに情報によっては「デュアルレンズカメラ」の位置や向き、「指紋認証」の搭載場所が統一されていません。さらに公開されているレンダリング画像もものによって異なっています。詳細は「最大級のバッテリーを搭載?「Xperia XZ Pro」の現実的なレンダリング画像が公開されたって話。」をご参照下さい。

こう考えると複数のプロトタイプが存在していてもおかしくないと考えることができます。先日のSONYの発言通りに「Xperia XZ premium」の後継機種として革新的な「Xperia XZ2 Pro」の登場を期待したいと思います。詳細は「関係者が発言。MWC2018で「Xperia XZ premium」の後継機種の発表が楽しみって話。」をご参照下さい。続報を期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧