• HOME
  • ブログ
  • Galaxy Note9
  • 次期「Galaxy Note9」は「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載するとこんなデザインにって話。

次期「Galaxy Note9」は「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載するとこんなデザインにって話。

先日までの情報では、MWC2018で発表される「Galaxy S9」シリーズは、大きなデザイン変更はなくマイナーアップデートモデルになると予測されています。現に先日リークした専用ケースを「Galaxy S8」がつけることが可能なことも判明しています。詳細は「「Galaxy S9」シリーズのSamsung純正ケースを撮影した動画が公開されたって話。」をご参照下さい。

さらに「Galaxy S9」シリーズでは、「虹彩認証」と「顔認証」を組み合わせた新たな技術を搭載すると予測されており、「認証精度」・「認証速度」が大幅に改善していると予測されています。詳細は「「iPhone X」とは別の道へ。「Galaxy S9」では新たな生体認証を搭載するって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Galaxy S9」で実現することができなかった、「ディスプレイ統合型指紋センサー」の特許が判明したと報告しているのでまとめたいと思います。



新たな特許が判明。

 

さて今回の情報によって判明した特許図が上記の画像になります。もともと「Galaxy Note8」が発売する前にも「ディスプレイ統合型指紋センサー」が搭載されると予測されていましたが、Samsungの発言によると、「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載した場合のディスプレイの光量が安定しないことから採用を見送ったとしています。

この問題が今も未解決なのか、直近の情報において「Galaxy S9」にも搭載されていない可能性が非常に高いです。詳細は「「Galaxy S9」の化粧箱がリーク。スペックが判明したって話。」をご参照下さい。このことからも今回公開された特許が初めて採用されるのが「Galaxy Note9」になると予測されています。

「Galaxy S9」シリーズでは、評判があまりよくない「指紋認証」の搭載場所が「カメラレンズ」の「横」から「下」に移動していますが、正直なところあまり改善されたとは言えません。結局のところ「レンズ」を誤タッチする可能性が高いからです。ただ「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載することによって、この問題も解決すると考えることができます。

事前情報では、「Galaxy S9」シリーズは「S」シリーズ最後のモデルになると予測されています。詳細は「「Galaxy S9」で「S」シリーズは終了へ。来年から「Galaxy X」になるかもって話。」をご参照下さい。残念なことに「Galaxy Note」シリーズに関する言及はありません。

「Galaxy Note9」が最後の「Note」シリーズになるのか、それとも継続していくのか判然としませんが、続報に期待したいところです。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧