• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • ディスプレイを誇りに。次期「Xperia」では超高精細な「有機ELディスプレイ」を搭載するかもって話。

ディスプレイを誇りに。次期「Xperia」では超高精細な「有機ELディスプレイ」を搭載するかもって話。

MWC2018で発表が予測されている「Xperia XZ2 Pro」においては、SONYの求人情報の内容からも「有機ELディスプレイ」を搭載する可能性が高いと予測されています。詳細は「次期「Xperia」に「有機ELディスプレイ」の搭載が確定。求人情報がリークしたって話。」をご参照下さい。

さらにこの情報を裏付けるかのように、すでに開発は終了しており、「生産体制」の準備までが完了していると予測されています。詳細は「次期「Xperia」で「有機ELディスプレイ」採用確定?生産準備はできているって話。」をご参照下さい。大方の情報通り、「Xperia XZ Pro」に搭載される「有機ELディスプレイ」は「LG」製のものになると予測されています。詳細は「俗称「Xperia XZ1 premium」は「LG」製の4K有機ELディスプレイを搭載かもって話。」をご参照下さい。

さて今回、海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、次期「Xperia」には、現行で流通している一段階上の「有機ELディスプレイ」を搭載する可能性があると報告しているのでまとめたいと思います。



進化した「有機ELディスプレイ」

 

さて今回の情報によると、SONYが申請していた「有機ELディスプレイ」に関する特許が判明したとしています。今回判明した特許に添付されていた図の一部が上記の画像になります。今回の特許において、SONYは印象的な言葉を残しており以下のようになっています。

“the inventor succeeds in improving image quality and reliability by leaps and bounds to a surprising thing, and came to complete this technology.”

この言葉のように、この技術が採用されている「有機ELディスプレイ」は、従来のものよりはるかに高い解像度と、より豊かな色再現性を実現しているとしています。残念なことに、この技術がいつ製品化されるかは現時点では判然としません。しかしながら、先日までの情報の通りに、SONYはスマートフォンに「有機ELディスプレイ」の搭載を積極的に進めています。

今回の技術とは別に先日の情報では「フレキシブル」に対応した「有機ELディスプレイ」を開発していると予測されています。詳細は「SONYが次期「Xperia」に折りたたみ式モデルを追加するかもって話。」をご参照下さい。このことからも「ディスプレイ」が大きな特徴でもある「Xperia」シリーズに「有機ELディスプレイ」を採用することで、一刻も早く遅れを取り戻したいと考えている可能性があります。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧