• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「Xperia XZ1」と「Xperia XZ1 compact」に「メルトダウン」の修正アップデートが配信開始って話。

「Xperia XZ1」と「Xperia XZ1 compact」に「メルトダウン」の修正アップデートが配信開始って話。

CPUの重大な脆弱性として話題になっている「メルトダウン」と「スペクター」ですが、1995年以降に発売されたCPUすべてが対象になることからも、各メーカーの対応が重要となってきます。先日の情報でも、この脆弱性に対して修正アップデートの対象機種が判明しています。詳細は「メルトダウンとスペクター。Xperiaのアップデート対象機種が判明したって話。」をご参照下さい。

一方で、2017年の「Xperia」の中でも最上位機種として存在している「Xperia XZ premium」に修正用のアップデートがすでに配信を開始しています。詳細は「一足先に。「Xperia XZ premium」に「メルトダウン」と「スペクター」のアップデートが開始したって話。」をご参照下さい。

さて今回Xperia Blogが、新たに「Xperia XZ1」と「Xperia XZ1 compact」に対して「メルトダウン」と「スペクター」の修正アップデートの配信を開始したと報告しているのでまとめたいと思います。

 

修正アップデートが配信開始。

 

今回の情報によると、SONYが「Xperia XZ1」と「Xperia XZ1 compact」に修正用アップデートの配信を開始したとしており、これは2月分のセキュリティパッチに包括されているとしています。これは「Xperia XZ premium」と同じ流れになっており、やはり対象機種は、セキュリティパッチの配信と同時に対応されると考えることができます。

また今回のアップデートでは、新しい「Xperiaホーム」が含まれており、ショートカットのUIの変更や、時計アプリの変更なども含まれているとしています。「Xperia XZ premium」、そして「Xperia XZ1」、「Xperia XZ1 compact」の流れで考えると、次に「Xperia XZ」や「Xperia XZs」あたりのハイエンドモデルが中心に配信開始されると推測することができます。

当たり前といえば、当たり前ですが、「メルトダウン」と「スペクター」の修正アップデートが「2月」のセキュリティパッチに包括されていることを考えれば、MWC2018で発表される新型「Xperia」はすでに対応済みの状態で発売されると考えることができます。詳細は「「XZ」の終焉?MWC2018では「Xperia XZ Pro」と「Xperia XZ2」シリーズを発表かもって話。」をご参照下さい。

「Android8.0」の配信の流れをみる限り、「ミドルレンジモデル」への修正パッチの配信は後回しになりそうですよね。一刻も早く対象機種へのアップデートを開始してほしいところです。続報に期待しましょう。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧