• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 地味に嬉しい。2019年に登場する次期「iPhone」は「Touch ID」が復活するかもって話。

地味に嬉しい。2019年に登場する次期「iPhone」は「Touch ID」が復活するかもって話。

2017年に登場した「iPhone X」は今後10年への第一歩を踏み出した「iPhone」とされており、「ベゼルレスデザイン」や「ワイヤレス充電」などいくつかの新機能が搭載されています。その中でもユーザービリティを大きく変えたものが「Face ID」となっています。

確かに、「認証速度」や「認証精度」は他のメーカーが開発している「顔認証」より一段階上とも言えますが、「iPhone8」に搭載されている「Touch ID」のそれには遠く及ばず、「Face ID」が使いにくて「iPhone8」シリーズに機種変更しているユーザーも一定数いるのが現状です。

今回Forbesが、2019年に登場する次期「iPhone」は「Face ID」の搭載に加えて、「Touch ID」が復活する可能性があると報告しているのでまとめたいと思います。



「Touch ID」の復活。

 

さて今回の情報によると、2019年に登場する次期「iPhone」には「ディスプレイ統合型指紋センサー」が搭載される可能性があると報告しています。2018年に登場する次期「iPhone」の情報もあまりない中、2019年に登場する次期「iPhone」の情報はさらにありません。

ただ現時点で予測されているのは「ノッチ」部分が縮小されるということです。この情報に基づいて作成されたレンダリング画像が上記の画像になります。



一方で今回の情報によれば、「Face ID」にAppleが固執することなく、なぜ「Touch ID」を復活させるのか。それは「画面を注視した上で、さらに画面をスワイプしないとロックが解除できないのは不便」であるからとAppleが認めており、秘密裏に「Touch ID」の復活を計画しているとしています。

さらに「Touch ID」でも、「ディスプレイ」の統合された新しいものとなっており、「iPhone X」のデザインから大きく変更されることなく搭載することが可能です。2016年末から次期「iPhone」には「ディスプレイ統合型指紋センサー」が搭載されると予測されていましたが、実際のところ「iPhone X」には搭載されていません。

また、開発の途中で搭載を断念したと予測されていましたが、Appleは最初から計画になかったと公言しています。このことからもAppleにとって新しい挑戦となります。先日までの情報で「iPhone X Plus」の存在に話題が集まりやすく、「俗称「iPhone X Plus」と「Galaxy Note8」や「Google Pixel2 XL」を比較した動画が公開したって話。」をご参照下さい。

どうしても「スペック」や「デザイン」に注目しがちですが、今回の情報のように「Touch ID」の復活は地味に嬉しく、個人的には非常に注目したところです。次期「Xperia」や「Galaxy」が同様の技術を搭載すると予測されています。詳細は「次期「Xperia」にも。JDIがガラスベースの「指紋センサー」を開発したって話。」をご参照下さい。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧