• HOME
  • ブログ
  • 2017
  • 忘れちゃいけない。「Xperia X」と「Xperia X Compact」に「Android8.0」が配信開始って話。

忘れちゃいけない。「Xperia X」と「Xperia X Compact」に「Android8.0」が配信開始って話。

個人的には、「Android8.0」の配信より、ここ最近話題となっている「メルトダウン」と「スペクター」のほうがかなり気になり、先日の情報では、これら脆弱性に対するアップデートが行われる対象機種が判明したとされています。詳細は「メルトダウンとスペクター。Xperiaのアップデート対象機種が判明したって話。」をご参照下さい。

まあ簡単に言えば、通常のOSのアップデートと同じく、発売から2年以内の機種が対象となっており、いまだユーザーが多いと考えられる「Xperia Z5」シリーズが対象外になったのは個人的には衝撃的でした。詳細は「機種変更したほうがいいかも。「Xperia Z5」シリーズは「メルトダウン」用パッチのアップデートはないって話。」をご参照下さい。

「ハイエンドモデル」への配信がほぼ終了した「Android8.0」ですが、今回Xperia Blogが「Xperia X」と「Xperia X Compact」に配信を開始したことを報告しているので簡単にまとめたいと思います。



「Android8.0」の配信が開始。

 

昨年の12月にはセキュリティパッチの配信が開始していた「Xperia X」と「Xperia X Compact」ですが、今回ようやく「Android8.0」のアップデートの配信を開始したとしています。正直なところ、「Xperia XZ premium」のように、「カメラの歪み補正」が統括されているわけではないので、大きな変更はないと感じてしまいます。詳細は「「Xperia XZ premium」新色「Rosso」は「Android8.0」を標準搭載するって話。」をご参照下さい。

もちろん今回のアップデートによってファームウェアの番号は変更になります。ただ今回の配信は「SIMフリーモデル」になるため、日本国内で発売されていた「Xperia X Compact」へのアップデートはまだ先の話になると推測することができます。「Xperia X」と「Xperia X Compact」はいわば「ミッドハイレンジモデル」とされています。

つまりこれでようやく「Xperia XA1」や「Xperia XA1 Ultra」などのミドルレンジモデルへの「Android8.0」のアップデートの配信が今後着々と進められていくと考えられます。「Xperia X」や「Xperia X Compact」などの「ミッドハイレンジモデル」は今後開発されないとされており、逆に言えば貴重な存在でもあります。

あくまでも上記のリンクはAmazon内の一部のリンクですが、「Xperia X」と「Xperia X Compact」では約1万円の価格差が生じています。やはりコンパクトモデルのほうが値崩れしにくいと考えられます。両機種にとっては最後の大型アップデートになります。

「Android8.0」へアップデートすることで地味に使い勝手は向上し、幾分かは電池持ちも良くなっています。安くてそこそこのXperiaが欲しいユーザーにとってはおすすめの1台かもしれませんね。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧