• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S9
  • 「iPhone X」とは別の道へ。「Galaxy S9」では新たな生体認証を搭載するって話。

「iPhone X」とは別の道へ。「Galaxy S9」では新たな生体認証を搭載するって話。

先日には「Galaxy S8+」と「Galaxy S9+」のCADを比較した画像が公開されており、そのデザインと本体サイズはほぼ明確になりつつあります。詳細は「「Galaxy S8+」と「Galaxy S9+」のCADを比較した画像が公開されたって話。」をご参照下さい。

一方で「Galaxy S9」に関しては、一部モデルの「化粧箱」がリークしており、そのスペックまでも判明しています。詳細は「「Galaxy S9」の化粧箱がリーク。スペックが判明したって話。」をご参照下さい。ただまだSamsungとしてもカタログスペックでは分からない新機能を「Galaxy S9」に搭載しており、今回SamMobileが次期「Galaxy S9」シリーズには新たな「生体認証」が搭載されていると報告しているのでまとめたいと思います。



「Galaxy S9」に新たな生体認証を。

 

周知の通り、「Galaxy Note7」から「虹彩認証」を搭載しており、さらに「Galaxy S8」シリーズや「Galaxy Note8」では「虹彩認証」に加えて「顔認証」を搭載しています。ただ「写真」でも本人として認証してしまうほど、「顔認証」の精度は決していいものとはいえませんでした。

一方で、「iPhone X」の発売と同時に大きく脚光を浴びたのが「顔認証」です。「iPhone X」では「Face ID」という名称で採用されていますが、その認証精度は「Galaxy」のものとは雲泥の差です。そこでか、今回の情報によるとSamsungは「顔認証」と「虹彩認証」を組み合わせた新たな生体認証を採用するとしています。

「インテリジェントスキャン」と呼ばれており、「虹彩認証」の弱点である「認証速度」を「顔認証」を組み合わせることで補い、さらには「顔認証」の認証精度の悪さを「虹彩認証」が補うなうなどお互いの生体認証が補完しあうシステムとなっています。また照度条件による安定的な認証精度やセキュリティの向上が期待されています。

ただ大きなデメリットとしては、AndroidのAPIを使用している「指紋認証」とは異なり、Samsung独自のAPIを使用していることです。つまり、サードパーティのアプリなどは、Samsung独自のAPIに対応させる必要があり、対応させるのにも時間が必要となります。

先日の情報では、カメラが大幅な進化点だとされています。詳細は「「Galaxy S9+」はカメラが特色でRAMは「6GB」搭載って話。」をご参照下さい。さらに「FHD」のスーパースローモーション撮影にも対応しているとされています。詳細は「「Galaxy S9」の「スローモーション」撮影は「Xperia XZ premium」以上の高画質になるかもって話。」をご参照下さい。

カメラ以外に関しては、「マイナーアップデート版」となるとされている「Galaxy S9」シリーズですが、「生体認証」の改善など、ユーザーの使い勝手を地味に改善してくれるのは非常に嬉しいことです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧