• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 最大級のバッテリーを搭載?「Xperia XZ Pro」の現実的なレンダリング画像が公開されたって話。

最大級のバッテリーを搭載?「Xperia XZ Pro」の現実的なレンダリング画像が公開されたって話。

「Xperia XZ」までは正直なところ「スペック」においても周回遅れが否めない感じでしたが、2017年には「Xperia XZ premium」を発表し、まさに最高クラスのスペックを搭載したモデルを早々と導入し、従来のイメージを払拭させました。

一方で、MWC2018では、RAMが「6GB」でストレージが「128GB」とさらにスペックを強化した「Xperia XZ Pro」が発表されると予測されています。詳細は「「Xperia」史上初の「Pro」モデル。「Xperia XZ Pro」はMWC2018で発表かもって話。」をご参照下さい。

2018年の中心的な役割を果たす可能性がある「Xperia XZ Pro」ですが、先日にはレンダリング画像が公開されています。詳細は「まさにプレミアム。「Xperia XZ Pro」の新たなレンダリング画像が公開されたって話。」をご参照下さい。さらに今回Vorteksiが新たなレンダリング画像を公開しているのでまとめたいと思います。



新たなレンダリング画像が公開に。

 

さて今回公開された「Xperia XZ Pro」のレンダリング画像が上記の画像になります。フロントパネルには「ステレオスピーカー」、そして細くなったベゼル。背面をみると、「デュアルレンズカメラ」に、サイドをみると、従来と同じデザインの「電源ボタン」が統合されていることが確認することができます。

一時期は「ハイエンドモデル」含めてすべての次期「Xperia」が指紋認証を搭載されると予測されていましたが、大方の予想は、従来と同じく「電源ボタン」に統合されると予測しています。詳細は「指紋認証はそのままに?「Xperia XZ Pro」の回路図がリーク?って話。」をご参照下さい。

 

 

次に、側面からのレンダリング画像が上記の画像になります。今回のレンダリング画像がどこまで信憑性があるのか判然としませんが、「Xperia XZ1」と同じく「樹脂ライン」のようなものを確認することができます。このことからも本体の材質は「メタル」である可能性があると考えることができます。

一方でイヤホンジャックの位置が本体下部に移動しており、先日の情報では「廃止」されるとされていたことからも情報の不一致が見られます。詳細は「「Xperia XZ Pro」はSIMトレイの場所が移動。イヤホンジャックは?って話。」をご参照下さい。

とりあえず外観上で確認できるところ見てきましたが、詳細なスペックに関しては「虹彩認証に4色展開に?「Xperia XZ Pro」の詳細なスペックがリークしたって話。」をご参照下さい。ただ今回の情報ではバッテリーの容量に言及しており、「3800mAh」としています。

つまり先日発表されたばかりの「Xperia XA2 Ultra」よりさらに大きなバッテリーを搭載する可能性があります。ここまで大きなバッテリーを搭載していれば、仮に「4K 有機ELディスプレイ」を搭載していたとしても、従来よりは電池持ちが改善されていることを期待できますよね。

また「価格」に関しても情報がリークしています。詳細は「「Xperia XZ Pro」は3色展開で、価格も10万円以下になるかもって話。」をご参照ください。最近公開されているレンダリング画像を確認する限り、ある程度方向性は一緒になってきているように見えます。果たして実際のデザインにどこまで近いのか楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧